北海道テレビ:HTB online!
おにぎりあたためますか

南平岸ユメミル工房

DVD・Blu-ray 水曜どうでしょう

「水曜どうでしょう」番組ホームページ
トップグッズ一覧>DVD・Blu-ray 水曜どうでしょう

対決列島~甘いもの国盗り物語~

対決列島~甘いもの国盗り物語~
  • HTBオンラインショップ取扱
  • HTBグッズ取扱店取扱
  • ローソンロッピー取扱

【予約特典】

特製フィギュア
対決列島 お触れ看板


※数量限定 無くなり次第終了のため、お早めにご予約ください

予約特典

あなたが選ぶ!第2回どうでミー賞 名企画部門 第1位 獲得作品

4,298円(税込)
※3,980円(本体)+税
2015年9月16日(水)発売

ただいまローソンLoppi、LAWSONネットショッピングロッピー、HTBオンラインショップ、HTBグッズ取扱店、OFFICE CUE ONLINE SHOP CUEPROで予約受付中!

DVD全集第23弾。
「対決列島」は、ただ名物の甘いもので早食い対決をしながら北海道から鹿児島まで日本を縦断していくだけの企画である。
そんなマニアックなもの。誰が見るんだ。そんなイベント性のないことでテレビになるのか。そんなゆるいことをして面白いテレビはできるのか。事前に考えれば考えるだけ危険がいっぱいに思えて手を出す同業者はいないだろう。だからこの「対決列島」という企画は、日本テレビ史上前人未到であり、この先だって誰も成しえない金字塔なのである。
人がものを食うのはごく日常的な風景である。珍しくもない。
だが、相手より早く食べねばならない、好きじゃないものを食べねばならない、相手の得意分野で闘わなければならない。なのに負けたらアラスカの川でカヌーをこぎながら毎晩森でキャンプをしなければならない。なぜ?意味が分からない。
この、悪夢としか思えない緊張で、もともと喉を通らない甘いものがますます喉を通らない。
対決列島~甘いもの国盗り物語~ 「お前、ブ男だな」
「おめぇこそちゃんと音録れてんのか?マイクがオレの髪に刺さってるぞ」

上記の写真は移動のフェリーの中でも対決の姿勢を崩そうとしない番組のチーフDとメインMCの睨み合いである。その間、他の出演者は放って置かれるのだ。上記の写真にあるのは緊張感なのかユルサなのか。番組全体の空気と同じく、瞬時に判断はつかないのである。
「対決列島」。お待たせしましたみなさん!あの名作がついにDVDになる!買いましょう!

仕様:
2枚組(片面2層)、ドルビーデジタル、副音声&特典映像あり、総再生時間277分

ローソンの予約番号はこちら>>

中米・コスタリカで幻の鳥を激写する!/前枠・後枠 傑作選

中米・コスタリカで幻の鳥を激写する!/前枠・後枠 傑作選
  • HTBオンラインショップ取扱
  • HTBグッズ取扱店取扱
  • ローソンロッピー取扱

4,298円(税込)

DVD全集第22弾。
「先生!撃ってください!」
哀願するようにジャングルに響くスタッフの緊迫した声!
だが先生と呼ばれる大泉から声は上がらない。
「早く!」スタッフの声はついに悲鳴に近づく!
「ちょっと待て…」焦る大泉、「いいから!撃って!先生撃って!とにかく撃って!」
パニック映画さながらのこの混乱したやり取りからは、これが中米のジャングルに生息する奇跡のように美しい鳥、ケツァールをカメラに収めに来た企画であることは既に感じ取れなくなっている。
これは明らかなカメラ機材の選択ミスであった。
フルオートの時代にピントも手動、露出も手動、あまりに画質本位に作られた巨大なカメラ、持て余す重量、そして巨大なカメラに取り付けるレンズは、バズーカ砲にしか見えない長大な望遠レンズ。
この鉄とガラスのかたまりにしか見えない重量級の望遠レンズを装着したままジャングルを歩かせるのは拷問である。

しかたなく歩行中は巨大過ぎるバズーカは外しスタッフが背負う。
しかし被写体は野生動物、神出鬼没で突然現れる。
現れるたびに現場はパニック、そこはもう戦場である。
とてもじゃないが「撮って」という言葉は出てこない「撃って!」である。
なんならもう被写体を撃ち落として欲しいくらいの本末転倒した気分だったのである。「中米コスタリカで幻の鳥を激写する!」必見です!買いませんか?!

仕様:
2枚組(片面2層)、ドルビーデジタル、副音声&特典映像あり、総再生時間248分

ローソンの予約番号はこちら>>

リヤカーで喜界島一周/釣りバカ対決!わかさぎ釣り2/水曜どうでしょう祭UNITE2013

リヤカーで喜界島一周/釣りバカ対決!わかさぎ釣り2/水曜どうでしょう祭UNITE2013
  • HTBオンラインショップ取扱
  • HTBグッズ取扱店取扱
  • ローソンロッピー取扱

4,298円(税込)

DVD全集第21弾。
ぼくらは毛布だ ミスターは悟った 軍団団結の名作
仲間の荷物を載せたリヤカーを引きながら一致団結して島を一周しよう!落伍者が出たら介抱して、みんなそろって全島一周歩き通そう!そんな固い結びつきで21世紀へ漕ぎだそうとするどうでしょう班は、鹿児島の南方洋上に浮かぶ喜界島へ向かうべく、その頃、なかばベースキャンプと化していた、東京の、とあるホテルの4人部屋に前泊する。だが、前乗りしたこの4人部屋で深夜に騒動が起こる。「このベッド、おかしいなぁ…このベッドおかしいなぁ…」同行ディレクターの不審な囁きに耳を貸したタレント大泉洋は、それから朝まで、なぜかおかしなベッドを転々とするはめに陥り、不眠のまま一番ダメなベッドで朝を迎え、一睡も出来ず喜界島へ向け出発するはめになる。まだ企画も始まらない前乗り段階で早くも不信感の塊となって愚痴る大泉洋が、翌朝ベッドの上で寝乱れたねまきの裾を直しつつ激怒する姿は絶品である!ファンの間で熱い人気を密かに醸しつづける本作のラストは、なぜか若干感動的ですらある。他に「ぼくらは毛布だ」など名セリフ!名場面多数!さぁ買いましょう!

仕様:
2枚組(片面2層)、ドルビーデジタル、副音声&特典映像あり、総再生時間279分

ローソンの予約番号はこちら>>

HTB×Shufoo!onちゃんのLINEスタンプが登場です!イチオシ!モーニング