キラキラ

水曜どうでしょうポストカードブックのお話

今日は、少し前に発売したグッズのお話をさせてください。

まだ私がHTBに入社して間もないころ、
隣の席に座っていた先輩が突然吹き出しました。

「ふふふっ...」

「どうしたんですか?」

「これ、転送するから見てみて?」

メールには1枚のイラストが添付されていました。

dvd8_01.jpg

「ぶっ!すごいですね」

「でしょ?...でもね、それだけじゃないの。画像を明るくしてみて?」

言われるまま、編集ソフトで明度を上げると、そこには

dvd8_02.jpg

海の中にいる藤やん魚。

奥にいるキャップ(福屋さん)。そのTシャツには「Suiyou」の文字。
空に輝く藤村さんの星座。
ヤシガニ、カエル...

普通に見ても見えないのに。
拡大しなければ見えないのに。
明るくしなければ見えないのに。

そこにはひたむきな熱意にあふれた、
まだ見ぬお客様への、たくさんの願いと思いがこもった
キラキラした世界がありました。


『非常識と思えるほどの熱意でもって、どうでしょう愛のほとばしる筆先に導かれながら、

 水曜どうでしょうという世界を一枚の絵に託し果てしなく描き込み続ける女のいることを、

 この機会に、みなさん方にお伝えすることをお許しいただきたいのです』


これは、ポストカードブック付属の
解説本冒頭に書かれた嬉野Dの言葉です。

あの日、松村さんのイラストにこめられた「世界」に触れてからずっと
いつか水曜どうでしょうをご覧の皆さまにも
じっくりとこの「世界」を隅々まで感じて頂きたいと
作品のあちこちに隠された
松村さんの手仕事の数々を見て頂きたいと
勝手ながら願っていました。

そんな思いからポストカードの製作を決め
イラストをDVDのサイズからポストカードのサイズへと調整してください
(タテヨコの比率が違うため)と松村さんにお願いしました。
すると、

「皆さんがDVDのイラストと並べて楽しめるように」と

全てのイラストがリメイクされ
更にポストカードの宛名面に1カット描いてください、というお願いには
必要数の23カットに対し、なんと36カットものイラストが届いたのです。
(未使用のイラストは解説本の表紙で見ることができます)

解説本には松村さんによる
それぞれのイラストの制作ウラ話が載っているのですが
今日はその中から第1弾のDVDである
「原付ベトナム縦断1800km」のお話をご紹介したいと思います。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

dvd1.jpg

松村画伯の制作ウラ話 ①原付ベトナム縦断1800キロ 編

「写実的に描いて」

ビジービーに入社して二年になろうとした頃、
坂谷さん(当時水曜どうでしょう担当美術スタッフ)がそう言って
発注書を見せてくれました。

「写実的?...って何ですか??」(松)
「...本物っぽい感じ」(坂)

バカげた質問をしている私に
坂谷さんは丁寧に教えてくださり、
初めて大きな絵を描かせてもらえることが
すごく嬉しかったのを覚えています。
その反面、私に描けるだろうか...という不安もありました。

まずはカブを描き、そこにミスターさんと大泉さんを乗せる。

ベトナムなら、大泉さんはこんな服装で日焼けしてるかな~。
ミスターが後ろに乗るなら買物帰りの主婦かな。
風にスカートがなびいてパンツが少し見えてるかも!
パンツの柄はやっぱサクランボだよね!!

なんて考えながら私なりに写実的に描き、ついに完成!
坂谷さん・浜田さん(ビジービー社長)に見てもらいました。

「ぷっ(笑)」(坂)
「松村!顔と身体のバランス変だぞ!(笑)」(浜)

「ええっ?!」

私の中では完璧なバランスだと思っていたのです...本気で。。。

しかし、『写実的』とは思えないこの絵を使ってもらえることになり、
他にも、カブの四人乗り・チームナックス勢揃いの五人乗りも描きました。

この一枚描くのに何日かかっただろうか...

「うわぁ~!テレビに映るんですねぇ!どの位映るんですか?」(松)
「一秒...あるかな?」(坂)

この絵が、水曜どうでしょうDVDジャケットを
私が描く
きっかけを作ったのです。

DVDを発売することが決定し、これから何十作となるDVDのジャケットを
写真にするかイラストにするかの話し合いがあり、

初期の写真がほとんどないとの事で
イラストで作って行くことになりました。


『松村!これから何年も描くことになるんだぞ!覚悟はあるか!?』(浜)
『ハイッ!!』(松)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


この文章を初めて読んだ時
まだ私の知らない時代、
初めて水曜どうでしょうのDVD製作が決まった
当時の風景が目の前に広がっているようで
なぜかは分かりませんが気づけば涙ぐんでしまっていました。

ポストカードブックの最後の1枚には
松村さんからのメッセージも寄せられています。

まずはポストカードの1枚1枚を隅々まで眺めて
(DVDをお持ちの方はジャケットの絵柄との違いも探して)
解説本を見て「こんなところにまでこんな物が!」と驚愕し
その日の気分に合わせて選んだ1枚を
お気に入りのフレームに入れて飾ったり
親しいどなたかにメッセージを書いて送ったり
心ゆくまで楽しんで頂けたら嬉しいです。

先日、第26弾が発売となりましたが
水曜どうでしょうのDVD製作が始まってから14年
情熱と魂をイラストに込め続けた松村さんの作品の数々を
ぜひご覧ください。

水曜どうでしょうポストカードブック

全国のローソンLoppi
HTBオンラインショップ、HTBグッズ取扱店
OFFICE CUE ONLINE SHOP CUEPRO

好評発売中

*****************************************
ローソンLoppi
取寄せ期間:受付中
商品受取:お申込みから1週間後
商品コード:134070

*****************************************

水曜どうでしょうポストカードブックのお話

水曜どうでしょうポストカードブック

全国のローソンLoppi、HTBオンラインショップ、HTBグッズ取扱店で発売中

※記載されている情報は、それぞれ公開当時のものです。予めご了承ください。