番組向上への取組

TOP > 番組向上への取組 - あなたとHTB

あなたとHTB

このページは平成25年2月17日放送分から引用しています。

タイトル

オープニング

画像
1/9 枝幸町歌登 今シーズン最低気温を更新

大野恵アナ

寒さが続く道内。先月9日、道北の枝幸町歌登では、この冬全国最低となるマイナス31.7℃を記録しました。この日は、放射冷却で一段と冷え込み、枝幸町歌登は二日続けてのマイナス30℃を観測した他、滝上町や陸別町でマイナス29.6℃、帯広ではマイナス22.7℃とこの冬一番の寒さとなりました。札幌では、元日から日中の最高気温が氷点下を下回る連続19日間の真冬日となりました。

画像
1/17 網走に流氷接岸

オホーツクの網走では、先月17日今シーズンで初めて冬の使者、流氷が海岸に到着しました。気象台によりますと、網走での流氷の接岸は平年より16日、昨年より31日も早いということです。

遠藤雅也アナ

おはようございます。「あなたとHTB」の時間です。
「あなたとHTB」は、視聴者の皆様とともに
よりよい番組作りや放送の在り方を目指すための番組です。

画像
大野・遠藤両アナ

大野アナ

冒頭にお伝えいたしましたのは、それぞれ先月1月9日と17日のお昼のニュースですが、今年の冬は本当に寒いのが実感できます。札幌も元日から連続19日間真冬日ととても寒い年明けとなりました。これは1977年の25日間連続に次ぐ記録だそうです。

遠藤アナ

西日本では早くも梅の便りが届いているようですが、道内はまだまだ厳しい寒さが続きます。今年はノロウィルスやインフルエンザが流行っていますので、手洗い、うがいに気を付けて冬を乗り切りたいものですね。

それではきょうの「あなたとHTB」。1月24日に開催された第450回放送番組審議会で審議いたしました、HTBノンフィクション「魂を言葉に込めて~北海道日本ハム監督・栗山英樹の一年~」についてお伝えします

大野アナ

この番組は、昨年の3月、同じくHTBノンフクション「夢を正夢に~北海道日本ハム監督・栗山英樹~」のシリーズ第2弾となります。前回は監督就任一年目のシーズン開幕試合までを追ったものですが、今回は、リーグ初制覇を成し遂げたシーズンの軌跡を密着取材したものです。コーチ経験の全くない監督の就任一年目でのリーグ優勝は、2004年の中日ドラゴンズの落合博満監督以来、プロ野球の長い歴史でも3人目という偉業です。調子の良い時も悪い時も、選手に細やかに声をかけ続けたという栗山監督。文字通り「魂を言葉に込める」シーズンとなりました。

遠藤アナ

それでは、放送番組審議会の委員の方々の意見を紹介します。

画像
HTBノンフィクション「魂を言葉に込めて~北海道日本ハム監督・栗山英樹の一年~」

大野アナ

◇開幕戦から日本シリーズまで時系列的に追っていくオーソドックスな作りで改めて今年のファイターズの戦いを整理することができた。日ハムファンでなくても年代を問わず興味深く見ることができる内容でリーグ優勝パレード直後の放送もタイミングが良かった。

◇栗山監督と取材ディレクターとの深い信頼関係を感じさせる良質な番組だった。ともすれば空虚な言葉が氾濫する世相だが「言葉の力」に着目した放送局のメッセージも感じられた。

◇勝ち負けで全てが決まるスポーツ界だが、それ以前にスポーツチームは「人間集団」であるとの原点に気づかされた。「決してぶれないことを心に決めて前に進みたい」との言葉は、栗山監督自身の生き方を良く表わしていた。

◇監督室のホワイトボードに書かれた文章がとても印象深い。日頃から自分に対してストイックに生きていることを理解することができた。本人の口から視聴者に伝えるのではなくボードに書かれた文字を通して視聴者に想像させたことで、より監督の苦悩が伝わった。

◇一般的に、監督は直接選手に声を掛けず、コーチに任せるケースが多いが、栗山監督は個々の選手に話しかけ励ました。監督が選手のプレーを見ているんだと思わせる姿勢が功を奏したことが、わかりやすく描き出されていた。

◇栗山監督の「アメ」と「ムチ」が十分に描かれている。「アメ」は、実績がない吉川投手と中田選手を4番で使い続けたこと。「ムチ」はベテランの稲葉選手への代打や、斉藤投手に2軍行きを命じるなど、二つのコントラストが鮮やかでおもしろい。

◇スポーツドキュメンタリーとして完成度が高い作品。栗山監督とファイターズの一年を「監督の言葉」と「選手の表情」で巧みに描いていた。長期にわたる取材の成果である貴重な映像、栗山監督や選手らの自然な素顔、普段着の発言から「魂を言葉にこめて」というメッセージを強く感じた。

◇プロ野球のコーチ経験が全くない栗山監督が、なぜ、苦境を乗り越えリーグ優勝を果たすことができたのか。球団が栗山氏を監督として迎え入れたのかがよく理解できた。タイトル通り「魂の言葉」でのキャッチボールを見事に描いていた。

◇栗山監督のコミュニケーションスキルや人心掌握術は、旧態依然としたプロ野球界にも また頼れるリーダーが不足している現代社会においても一石を投じたのではないか。

◇固定観念にとらわれず、言葉の力を信じて、ひとりひとりの選手に言葉をかけ続け見事リーグ優勝に導びく。 実はしたたかな栗山采配が鮮やかに描かれていて、経営者としても勉強になる言葉が満載だった。

遠藤アナ

◇スポーツドキュメンタリーでありながら、見終わって優しい気持ちになり、また少し切なさが残るヒューマンドラマのようだった。栗山監督のチャーミングな人柄に男女問わず観る人が愛しく思えてくる、そんな気持ちにさせられた。構成に無理がなく随所に飽きさせない工夫が感じられファイターズファンでなくとも十分に引き付けられる内容だった。

◇放送時間が優勝パレード中継直後と、ファンがシーズンの思い出を一番思い返したいタイミングでこれ以上なく効果的だった。内容も賑やかな名場面を集めたものでなく、人間・栗山英樹の素顔に迫るものだったことが優勝にさらに深みを与えていた。

◇監督室のホワイトボードに書かれた言葉。試合後の車内で疲れをにじませながらも周囲に気配りする様子に栗山監督の繊細さが伝わってきた。

一方、改善点としては、
◆日ハム応援番組に傾いた感が否めない。監督の言葉を制作側がうまくフォローしているようにも見えた。報道機関として適切な距離を保ち、客観性を持って制作してほしい。

◆ホワイトボードに書かれた、監督の気持ちが吐露された言葉をじっくりと見たかった。

◆栗山監督や選手の談話、ゲームのハイライトシーンが絡む展開が中心で単調な印象を持った。もっと面白いエピソードに絞り作りこんでもよかったのではないか。

◆言葉通りにいかない現実が多いなか、栗山監督はなぜ実現できたのか。勝負の世界で言葉の役割とは何なのか。そこまでもう少し掘り下げ分析してほしかった。名言集のように言葉が飛びかった感もあった。

大野アナ

また、今後の要望として、 2年目の栗山采配がどうなるのか興味は尽きない。正に真価が問われる今シーズンの栗山監督の生きざまを是非番組化してほしい。
「北海道民としての栗山監督」という切り口での番組にも期待したい。
というご意見を頂きました。今後の番組作りの参考にさせて頂きます。ありがとうございました。

遠藤アナ

最後に、HTBからのお知らせです。

画像
トヨタビッグエア

大野アナ

すっかり真冬のイベントとして定着した、世界最大級のスノーボード・ストレートジャンプ・コンテスト「トヨタビッグエア」。今月23日土曜日、24日日曜日と2日間、札幌ドームでいよいよ開催です。ドーム開催2年目となる今年のテーマは、ヒートアップ。高さ36メートルのジャンプ台から滑り降り、繰り出される神業のようなエアーとトリックが観客を熱くヒートアップさせます。フランプールとSKE48のライブアクトも見逃せませんね。チケットは札幌ドームや市内プレイガイド、ローソンチケットなどでお買い求めいただけます。

遠藤アナ

HTBの開局45周年と札幌市とドイツ・ミュンヘン市の姉妹都市提携40周年を記念して、「ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団」が来日します。

画像
ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団

大野アナ

札幌公演は今年4月14日に札幌コンサートホール Kitaraで行われます。指揮は、去年ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督に就任したロリン・マゼール氏。ソリストに迎えるのはヴァイオリニスト五嶋龍さんです。
札幌に縁の深い名門ミュンヘン・フィルと、天才と呼ばれる熟達した超絶技巧を披露する五嶋龍の夢の共演にご期待下さい。チケットはKitaraチケットセンター、市内各プレイガイドほかでお求めいただけます。

遠藤アナ

最後に、HTBでは、視聴者の皆様からHTBの放送番組について、ご意見、ご感想をうかがう「平成25年度 番組モニター」を募集しています。

画像
平成25年度 番組モニター

大野アナ

応募資格は、道内在住の18歳以上で、HTBが指定する番組をご視聴頂き、モニター報告書を提出していただける方となります。
募集人員は平成25年4月から平成26年3月までの一年間で15名です。一年間にHTBの指定する番組20本程度を視聴して頂き、規定のモニター報告用紙に記入してHTBまで返送頂きます。指定番組をすべてご覧頂きモニター報告書をお送り頂いた場合、一年間で5万円の謝礼をお支払いたします。応募方法ですが、HTBの情報番組「イチオシ!」または「イチオシ!モーニング」をご覧になり、400字程度の感想文と、住所、氏名、年齢、性別、職業、電話番号、それにメールアドレスをお書きの上、「郵便番号062-8501 HTB番組モニター係」まで封書でお送りください。今回はインターネットをご利用の方で携帯ではないメールアドレスをお持ちの方に限らせて頂きます。2月28日(木)必着です。なお、お寄せいただいた感想文をもとに15名のモニターの方を選考いたします。「番組モニター」をお願いする方にのみ3月下旬までにご連絡を差し上げます。またご応募頂いた書類は返送いたしませんのでご了承願います。個人情報につきましてはHTBが責任を持って管理いたします。ご応募をお待ちしています。

遠藤アナ

さて、次回4月の「あなたとHTB」では、2月の放送番組審議会で審議いたしますHTBスペシャルドラマ「幸せハッピー」と3月に審議いたします全国ネットの朝の情報番組「モーニングバード!」の2番組についての放送番組審議会委員の皆さんの意見をご紹介いたします。

「あなたとHTB」、次回の放送は4月21日日曜日の午前5時5分からとなります。

遠藤&大野アナ

それでは、きょうはこのへんで失礼いたします。


過去の放送より


TOPページへ戻る


Copyright © HTB All Rights Reserved.