番組向上への取組

TOP > 番組向上への取組 - あなたとHTB

あなたとHTB

このページは平成29年4月23日放送分から引用しています。

画像
森・柳田両アナ

森さやかアナ

おはようございます。
新年度初の「あなたとHTB」の時間です。
「あなたとHTB」は、視聴者の皆様とともに
よりよい番組作りや放送のあり方を目指すための番組です
新年度より、私、森さやかと柳田知秀の2人でお伝えします。

柳田 知秀アナ

今回は今年2月と3月に開催しました、
第491回第492回の放送番組審議会で、審議されました 
HTB制作「ハナタレナックス特別篇」とテレビ朝日制作の
「報道ステーション」についてお伝えします。

画像
ハナタレナックス特別篇 世界遺産・知床をゆく 
チームナックス5人旅

柳田アナ

最初に、今年2月にシリーズ第3弾として全国放送された
「ハナタレナックス特別篇 世界遺産・知床をゆく 
チームナックス5人旅」です。
お馴染みの5人が、素顔全開で繰り広げる自由旅は、
他では見ることのできない、まさに「ハナタレ」ならではの
珍道中となりました。
道内のファンだけではなく、全国の視聴者に楽しんでいただける
ちょっと変わった知床ドライブツアーです。

森アナ

この番組に対して、番組審議会委員から頂いた
ご意見の中から、まずは評価点をご紹介します。

<評価点>

●今までで1番面白かったです
特別編はどこかよそ行き感があったが 
今回はローカル感が出ていたということに尽きる

●単なる名所紹介にとどまらない
穴場めぐりの楽しさを生んでいた
知床のような有名観光地探訪の方法として 良い工夫だった

●キーワードである「ゆるさ」度合いを全開にして
自由気ままな旅歩きの予測できない面白さを見せてくれた

●北海道らしい穏やかさが伝わり 
なんだかアットホームな雰囲気を感じた

●今回は中だるみ感も無く 内容がすごく充実して
女子アナはいなかったですが 笑いと意外性は一番だった

●「全国でも知られているけど やっぱりローカル」という
 一周回ったところに意識的に重点をおいて
番組づくりの視点が修練されていた

●観たいと望むナックスの「日常」が再現され
それに見事に応えていた

●二日酔いの大泉さんに またまた遅刻の安田さんと 
オープニングから波乱含みですが
このドタバタ感も また すっかりハナタレナックスの
味わいとして定着したように思う

柳田アナ

●今回は看板探しそのものよりも 地元の人との交流が
中心になっていたことが良かった

●羅臼の看板娘の後藤さんは 道外出身だからこそ
漁師の暖かみ 歴史・文化という魅力に気付けた
その点で ひと味違う旅情報の提供に成功している

●羅臼の「熊の湯温泉」で
遅刻した安田さんと合流するというのも
想定外のハプニングを逆手にとった構成で 
裸での土下座を含めて 上手に番組の流れを作った

●観光客がクマにエサをやった帰結として
そのクマが撃たれてしまったエピソードのように
観光客が増えた知床半島で 特に最近問題化している事象に
さりげなく触れている点も良いと感じました

●今回特に印象的だったのは映像の美しさと新しい感じ
ドローンを多用した俯瞰的な映像は
これまで見たことのない知床の美しさに溢れていて秀逸

●まっすぐな「天につづく道」の紹介がよかった
どこにあるのかなと思った瞬間 地図がでてきて
ナイスタイミングという感じだった

森アナ

ここまでは、審議対象番組に対する委員のご意見の評価点を
お伝えしてきました。このあとは番組に対して頂いた
要望点・改善点と提言をご紹介します。

◆どこか中途半端で 番組の冒頭に感じた
「面白い」という感覚は番組終わりには無くなっていた

◆後半部分が間延びしていて
見終わって ちょっとつかれた

◆今回はちょうど晩秋から初冬の
一番寂しい季節だった点が 惜しい

◆年代によっては チームナックスといえど
15分以上は心をつかめないようです

◆「ナックス」も年齢を重ね
現在のメンバーの実力からすれば
珍道中でも 違った切り口があるのではないか

◆「クマの入った家」という民宿で
クマの視点からの再現ビデオは
慌ただしい映像だけで必要なかった

◆漁師めしは われわれ一般の人間では
体験できないことが少々残念
ナックスのメンバーが味わったような海の幸を
いただくことができるのであれば 素晴らしいが…

《提言》
★北海道の中から光るものを発見して紹介し
新しい知識や疑似体験として 全国の視聴者に
共有してもらう番組であってほしい

★これからも番組や活動を通じて
ますます北海道のコアなファンを増やし
北海道は面白いところだという発信を続けてほしい

柳田アナ

ここからは、テレビ朝日制作の「報道ステーション」に
ついての委員のご意見を紹介します。

「ニュースステーション」から数えて31年続く
テレビ朝日系列のフラッグシップ番組、「報道ステーション」は、
去年4月、メインキャスターが古舘伊知郎さんから
富川悠太アナウンサーにバトンタッチしました。
「ぐっと近づく」をコンセプトに、ニュースをお伝えします。

画像
報道ステーション

森アナ

それでは、3月に審議されたこの番組に対する
委員のご意見の中から、評価点をご紹介します。


≪評価点≫

●とりわけ放射能で汚染された飯舘村(いいたてむら)に
焦点をあてた良質なドキュメンタリーのようだった

●本当に終わらない原発事故の問題に
どう向き合っていくのかを深く問いかけた報道だ

●暗闇に浮かぶ真っ黒な袋に包まれた
除染廃棄物の山の映像から始まったニュース番組は
遠ざかり遠避けてしまっている現実を
突きつけてくれた

●「この土地に避難指示解除を出すことが
正しいはずはない」という
番組の作り手の静かな憤りが
通底しているように感じる

●フランスまで取材に行き ICRP副委員長から
「年間20ミリシーベルトの被爆は
長期間続くと安全ではない」という
証言を引き出したことは特筆すべきことだ

●今回の特集は「ダブルスタンダード」の
存在を印象付ける構成という感想を持った
その方向での番組作りとしては
完結した破綻のない内容になっていた

●「被ばく線量についてダブルスタンダードなのではないか」
との住民の怒りの声から出発して
実測と専門家の意見など事実の積み上げによって
この疑問に答える展開には 一定の説得力があった

●避難住民の生の声として
飯舘村区長の苦渋に満ちた言葉が重く響いた

柳田アナ

●「子どもは戻ってくるべきではない」と
きっぱり言った長谷川さんの言葉は
不安を抱えながら子育てしている方たちにとっても
力強い言葉だった

●殺処分対象になった牛とお別れする
農家の映像が心に響いた

●歴代の完成された高度な「芸」を持つ
キャスターではなく
自局アナウンサーの富川さんの
起用にはとても期待している

●富川キャスターの避難者へのインタビューも
誘導的 情緒的なものではなく
避難者の言葉を引き出す感じで好感が持てた

●指定された放送を見て
改めてとても暗い気持ちになった
スポーツニュースは僅かな救いでした

森アナ

ここまでは、評価点をお伝えしました。このあとは、委員のご意見の中から
要望・改善点と提言をご紹介します。

≪要望・改善点≫
◆汚染土が袋詰めにされ積み上げられた光景や
がらんとした牛舎の跡の映像が続き 既視感がある
あの大災害がもたらした現実と教訓を紹介するには
もう少し違った切り口があった方が良い

◆原状回復の遅れや矛盾という大問題を
「忘れない」ことは大切だが
マイナスイメージを植え付ける側面もある

◆無理やり避難指示を解除する国のやり方が
「悪」という構図だが
なぜ国はこのような方法を選んだかを
掘り下げなければ物足りない

◆政府関係者の「ダブルスタンダードではない」
というコメントは 非常に短い断片的なもので
視聴者に両論間における問題点の所在を
納得してもらうには 到底満足すべき水準ではない

◆「除染基準の6倍の放射線量」
「チェルノブイリの8倍」という言い方に疑問
そう言われると本当に不安になるが
どう危険か どの程度の汚染か まるで分らない

柳田アナ

◆科学や教育の視点は必要不可欠
基準値については 様々な意見があることや
単位のレベルから説明が必要

◆アンケート結果で 地域あるいは地域住民の
意見が分かれているというのは非常に大きな論点だ
番組で「戻りたい」あるいは「戻る」とする意見にも
スポットを当てるべきだった

◆復興庁がおこなった飯舘村の避難者への
意向調査の結果を
そのまま報じたことは非常に問題
選択肢が非常に誘導的だった

◆森友学園のニュースで 籠池さんと言う人を
完全に「悪者」と規定して報道が進んでいる
冷静な報道があったか疑問

≪提言≫
☆番組づくりの方向性に適合しない事実や意見も
適切公平に報じてこそ 番組への信頼性が増す

☆3.11は地震と津波だけではないことを
これからも国民や政府に思い出させる必要がある
原発事故とその影響についての取材を
ぜひ続けてほしい

☆実験をするわけにいかないタイプの
問題に直面しているからこそ
今この国の報道は ここを頑張らなければならない

森アナ

「あなたとHTB」次回の放送は、
4月と5月に開催される
第493回と第494回放送番組審議会における
委員の皆さんのご意見を紹介いたします。

6月25日(日)午前5時5分から放送です。


過去の放送より

2017年

TOPページへ戻る


Copyright © HTB All Rights Reserved.