番組向上への取組

TOP > 番組向上への取組 - 番組審議会だより

番組審議会だより

 北海道テレビ放送では、番組審議会委員10名の方による放送番組審議会を設け、毎月1回(8月と12月を除く)審議会を開催して,放送番組の内容をはじめ、放送に関する全般的な問題についてご意見を伺い、番組制作の参考にさせていただいております。

 番組審議会でのご意見は,番組モニターの方のご意見とともに、2ヶ月に一度第3日曜午前5:30から放送の「あなたとHTB」でもご紹介していますのでどうぞご覧ください。

 

平成15年度放送番組審議会委員(敬称略)10名

金子 勇委員長 (北海道大學大学院文学研究科教授)
大岩 勝副委員長(大岩メタルワークス(株)社長)
大和田 勲委員 (北海道電力(株)常務取締役)
大野 猛三委員 (北海道大野病院理事長)
宮部 光幸委員 (建築家)
田中 英也委員 (朝日新聞北海道支社編集総務兼報道部長)
森 久美子委員 (作家・エッセイスト)
伊藤 幸子委員 (彫刻家)
ダイアン・ブラウン委員(エッセイスト・大学講師)
岩崎 優子委員 (弁護士)

 

第360回北海道テレビ放送番組審議会  -平成16年1月22日開催-

出席委員

金子 勇委員長
大岩 勝副委員長
大和田 勲委員
大野 猛三委員
宮部 光幸委員
田中 英也委員
森 久美子委員
伊藤 幸子委員
ダイアン・ブラウン委員
岩崎 優子委員

北海道テレビ側出席

常務取締役 荻谷 忠男
常務取締役 斎藤 忠貞
取締役  村上 裕
編成企画センター長 関川 信明
報道制作センター長 上杉 一紀
番組審議会事務局長 平田 昭洋
番組審議会次期事務局長  横山 憲治

 

【会社報告】

  • 人間ビジョンスペシャル「心の中の国境」、「トヨタ・ビッグ・エア」の全国放送について
  • 日本ハム戦の中継について
  • 「ニュース・ステーション」から「報道ステーション」への移行について
  • 12月の視聴者応答について  ほか
 

【審議内容】

年末年始番組についての審議委員の意見 (委員名省略)

◇全般について

  • バラエティ番組が多いが、年末年始は若い世代よりも家族や年配の人が見ている方が多いと思われるので、その辺を考えて編成をして欲しい。
  • バラエティが多いが、年末年始も普段と変わらないニュースを見たいと思う視聴者も多いと思う。
  • 特番が多いが、高齢化社会となっているので、そういうコンセプトの番組も放送して欲しい。

◇テレメンタリ-2003「14枚の素描~旭山動物園の夢」について

テレメンタリ-2003
「14枚の素描~旭山動物園の夢」

  • 全体的にほのぼのとした印象でまとまっていた。動物園の飼育展示係長らの発想や取り組み、情熱は本当に素晴らしいと思う。
  • 旭山動物園の最近の人気の高さの裏に飼育係の人たちの地道な苦労と創意工夫の積み重ねがあったということが良くとらえられている番組だった。観客の求めているもの、視点を大切にしながら、動物の本来の特性や生態を見せるという動物園の本来あるべき姿を追求した飼育係の姿勢が良く描かれていた。
  • 北海道は自然界と人間との接点が多く、動物たちとどう関わりを持っていくかを伝えていくことは、テレビ局のひとつの使命だと思う。

◇「イチオシ!年末スペシャル」について

  • 年末の仕事納めの26日の放送だったが、忙しい中で番組を耳で聞きながら仕事をして、興味のあるコーナーのときに画面の前で見てもいいような内容だったと思う。温泉や食べ物の情報など名前や電話番号などの情報がゆっくり出ていたのは視聴者に親切で良かったと思う。

TOPページへ戻る


Copyright © HTB All Rights Reserved.