番組向上への取組

TOP > 番組向上への取組 - 番組審議会だより

番組審議会だより

 北海道テレビ放送では、番組審議会委員10名の方による放送番組審議会を設け、毎月1回(8月と12月を除く)審議会を開催して,放送番組の内容をはじめ、放送に関する全般的な問題についてご意見を伺い、番組制作の参考にさせていただいております。

 番組審議会でのご意見は,番組モニターの方のご意見とともに、2ヶ月に一度第3日曜午前5:30から放送の「あなたとHTB」でもご紹介していますのでどうぞご覧ください。

 

平成16年度放送番組審議会委員(敬称略)10名

伏島 信治委員長(NPO法人北海道観光バージョンアップ協議会 副会長)
大岩 勝副委員長(大岩メタルワークス(株)社長)
大内 全委員 (北海道電力(株)取締役・原子力部長)
中川 翼委員 (医療法人渓仁会 定山渓病院院長)
宮部 光幸委員 (建築家)
田中 英也委員 (朝日新聞北海道支社編集総務兼報道部長)
森 久美子委員 (作家・エッセイスト)
伊藤 幸子委員 (彫刻家)
ダイアン・ブラウン委員(エッセイスト・大学講師)
岩崎 優子委員 (弁護士)

 

第366回北海道テレビ放送番組審議会  -平成16年7月22日開催-

出席委員

伏島 信治委員長
大岩 勝副 委員長
中川 翼 委員
大内 全 委員
宮部 光幸委員
田中 英也委員
森 久美子委員
伊藤 幸子委員
岩崎 優子委員

レポート出席

ダイアン・ブラウン委員

北海道テレビ側出席

専務取締役 荻谷 忠男
常務取締役・コンテンツ本部長  村上 裕
取締役・編成戦略センター長 井上 実于
報道制作センター長 上杉 一紀
視聴者応答室長 山田 哲也
番組プロデューサー 沼田 博光
番組審議会次期事務局長  横山 憲治

 

【会社報告】

  • 参議院議員選挙について
  • 8月28日全国ネットのHTB制作スペシャルドラマ「六月のさくら」について
  • 6月の視聴者応答について ほか
 

【審議内容】(委員名省略)

HTB制作 テレメンタリー2004「シャトルよ アテネへ飛べ~20年目の約束~」についての
審議委員の意見 (委員名省略)

◇中山智香子さんと増茂孝枝さんが、小さいときから努力してオリンピックを目指して苦労した物語でしたが、女性同士の友情の美しさが爽やかに描かれていた。

◇アテネオリンピックを前にとてもタイムリーな番組だった。彼女たちにはオリンピックから戻ってからも、地元の神居古潭で活躍してもらいたい。

◇ 北海道での放送ににつかわしい、北海道出身の二人の友情を描いた美しい番組だったと思う。北海道各地でもこういう美しい話があるのではないかと思う。

◇ 二人がいろいろな試練にぶつかりながら、前向きに生きている様子や表情を映し出していて、見る者を励ましてくれた。

◇ スポーツを取り上げる番組として二人の努力の20年の歴史とそれを暖かく見守る旭川市神居古潭という地域を取り上げたのは良かったと思う。

◇ 増茂選手が怪我でオリンピックを断念しながら、幼い時からの中山選手との約束を守るため、マネージャーとして二人三脚でオリンピック出場を決めたということを伝える番組の企画意図は視聴者に感動を与えるものだと思う。

◇ 二人を世界的な選手に育てた中村先生のことももう少し詳しく紹介して欲しかった。

【沼田プロデューサーからのご説明】

 中山智香子さんと増茂孝枝さんのお二人は、とてもスケールの大きい方でした。バトミントンについての説明がもう少しあるとよかったと思いますが、アテネオリンピックを目指したお二人の姿を見ていただければと思い、番組を制作しました。


TOPページへ戻る


Copyright © HTB All Rights Reserved.