番組向上への取組

TOP > 番組向上への取組 - 番組審議会だより

番組審議会だより

 北海道テレビ放送では、番組審議会委員10名の方による放送番組審議会を設け、毎月1回(8月と12月を除く)審議会を開催して,放送番組の内容をはじめ、放送に関する全般的な問題についてご意見を伺い、番組制作の参考にさせていただいております。

 番組審議会でのご意見は,番組モニターの方のご意見とともに、2ヶ月に一度第3日曜午前5:30から放送の「あなたとHTB」でもご紹介していますのでどうぞご覧ください。

 

平成17年度放送番組審議会委員(敬称略)10名

伏島 信治 委員長(伏島プランニングオフィス代表)
中川 翼  副委員長(医療法人渓仁会理事 定山渓病院院長)
宮部 光幸 委員(建築家)
市村 三樹男 委員(北海道電力(株)常務取締役)
田中 英也 委員(朝日新聞北海道支社編集総務兼報道部長)
松園 直史 委員(札幌ヤクルト販売(株)代表取締役社長)
林  薫  委員(彫刻家)
朝倉 かすみ 委員(小説家)
岩崎 優子 委員(弁護士)

 

第378回北海道テレビ放送番組審議会  -平成17年10月26日開催-

出席委員

伏島 信治 委員長
中川 翼 副委員長
宮部 光幸 委員
市村 三樹男 委員
田中 英也 委員
松園 直史 委員
朝倉 かすみ 委員
岩崎 優子委員

レポート提出

林 薫 委員

北海道テレビ側出席

代表取締役社長 荻谷 忠男
常務取締役・コンテンツ本部長 村上 裕
取締役・編成戦略センター長 井上 実于
報道情報センター長 上杉 一紀
CSR推進室・ホットラインデスク部長 森川 柊作
報道グループ部長 国本 昌秀
取締役・番組審議会事務局長 横山 憲治

 

【会社報告】

  • 札幌テレビと共同建設の手稲山・デジタル放送用の送信施設について
  • 10月14日から16日開催・3万8千人参加の「水曜どうでしょう祭」について
  • 9月以降の視聴者応答報告 ほか
 

【審議内容】

HTB制作 テレメンタリー2005「ムネオ~何が彼を走らせるのか~」についての審議委員の意見

◇ 総選挙の取材を通じて、鈴木宗男氏の人間性に迫ろうとする番組だった。鈴木宗男氏を当選させた北海道民の想いも放送され、興味深かった。

◇ 刑事被告人としてマスコミで取り上げられた鈴木宗男氏のイメージが残っていたが、今回の番組で、鈴木氏の頑張る姿勢がよくわかった。

◇ 鈴木宗男氏が刑事被告人となったときにマスコミの多くの報道があったが、今回の番組で鈴木宗男氏の発言を紹介したのは、マスコミとしては良かったと思う。

◇ この番組で鈴木宗男氏の歴史を良く知ることができた。鈴木氏の信じているものが人の心に感動を与えるのだと思った。

◇ 今回の内容は北海道のテレビ局としては良いと思うので、今後もテレビ局として論理性を整えて、こういう番組を制作して欲しい。

◇ この番組を見ることで、今回の総選挙に鈴木宗男氏が立候補した意図を知りたいと思った。彼が活性化を目指したという北海道の経済状況も感じられた。

◇ 今回の番組を見ることで、我々北海道民が選択すべきことを考えるきっかけになると良いと思った。今後もテレビ局としてこのようなドキュメンタリーに取り組んでもらいたい。

【国本報道グループ部長からテレメンタリー2005についての説明】

 鈴木宗男氏が当選という支持を受けるその理由は何か。また、なぜ彼は戦うのか。
 小型カメラで密着取材することで、人間性や主張を引き出し、その理由と背景に迫ろうと企画したものです。氏の言い分や感情を視聴者の方に見ていただいて、客観的に判断いただける内容となるように努力しました。


TOPページへ戻る


Copyright © HTB All Rights Reserved.