番組向上への取組

TOP > 番組向上への取組 - 番組審議会だより

番組審議会だより

 北海道テレビ放送では、番組審議会委員10名の方による放送番組審議会を設け、毎月1回(8月と12月を除く)審議会を開催して,放送番組の内容をはじめ、放送に関する全般的な問題についてご意見を伺い、番組制作の参考にさせていただいております。

 番組審議会でのご意見は,番組モニターの方のご意見とともに、2ヶ月に一度第3日曜午前5:30から放送の「あなたとHTB」でもご紹介していますのでどうぞご覧ください。

 

平成18年度放送番組審議会委員(敬称略)10名

伏島 信治 委員長 (伏島プランニングオフィス代表)
中川 翼  副委員長 ( 医療法人渓仁会 定山渓病院院長 )
市村 三樹男 委員 (北海道電力(株)常務取締役・お客さま本部長)
伊藤 裕章 委員 (朝日新聞(株)北海道報道センター長)
松園 直史 委員 (札幌ヤクルト販売(株)代表取締役社長)
張  相律 委員 ((株)北海道チャイナワーク代表取締役)
岸田 洋輔 委員 (岸田法律事務所 弁護士)
河村 利枝子 委員 ((株)アトリエK一級建築士事務所 専務取締役)
林  薫  委員 (林 薫彫金工房 彫刻家)
朝倉 かすみ 委員 (作家)

 

第391回北海道テレビ放送番組審議会  -平成19年2月22日開催-

出席委員

伏島 信治 委員長
中川 翼 副委員長
市村 三樹男委員(レポート提出)
伊藤 裕章 委員
張  相律 委員
岸田 洋輔 委員
河村 利枝子 委員
林  薫 委員
朝倉 かすみ委員

北海道テレビ側出席

代表取締役社長 荻谷 忠男
常務取締役 コンテンツ本部長・デジタル推進担当 樋泉 実
取締役・番組審議会担当 CSR推進室長 横山 憲治
取締役・編成戦略センター長 林 亮一
報道情報センター長 上杉 一紀
広報グループ部長 斉木 基
番組審議会事務局長 CSR推進室
ホットラインデスク部長 古田 俊暁

 

【会社報告】

  • 放送倫理、国民保護業務計画について
  • 「第58回さっぽろ雪まつり」での雪のHTB広場について
  • 「TOYOTA BIG AIR」開催内容について
  • ノルディックスキー世界選手権札幌大会について
  • 「札幌にぎわいまつり」参加について
  • 平成19年1月の視聴者応答について ほか
 

【審議内容】

HTB制作番組「TOYOTA BIG AIR」
2月11日(日) 24時40分~25時35分放送(テレビ朝日系列全国ネット)について

「TOYOTA BIG AIR」についての審議委員のご意見

◇真駒内の会場が世界最大級で、今年は祭典のコンセプトを観光のイベントとして、雪まつりと同じ時期に開催して、雪まつり会場でも予選を行うなど、札幌から発信する世界に誇れる大会だと思った。 深夜の放送だが、もっと幅広く多数の視聴者に見てもらうために、放送時間を考慮すべきではないかと思う。

◇競技の模様だけではなく、参加した日本人選手の物語も織り交ぜ、応援する気持ちを高めようとしていると思った。

◇この番組は、競技している選手のファッションや表情、照明が華やかで、夜間の競技のよさが出ていた。観客も若いファンの方が見に行って選手を見て楽しむスノーボードのお祭り的な大会であった。選手の映し方も、ジャンプの凄い技なども楽しんで見られる放送だと思った。

◇今の若者向けの全体の流れの中に、スピードワゴンという若い人に人気のあるタレントも出演していた。色々な角度から何度も繰り返し見せてくれて、分かりやすい解説であった。

◇日本のスポーツ番組は日本選手が中心の放送で、今回も優勝候補の外国選手の二人の試合がカットされていたが、レベルの高い選手の試合を視聴者は見た方がいいので、放送をすべきだと思う。

◇普通のスポーツ中継とは少し違って、スピードワゴンも出演し、雪まつり会場を利用した予選の模様なども入っていたことは良かったと思う。日本人選手を応援するという番組構成だったが、日本人選手がベスト8止まりで準決勝に進まなかったことで、盛り上がらなかった印象を持った。

◇選手が回転して滑って来て、最後にちょっと曲げて技を出すというところなどを、拡大して着地までの画面を繰り返し見せてくれるのは、やはりテレビの力だと思った。HTBが北海道を応援するような放送で、日本選手中心の放送はそれで良いかと思った。

◇スポーツメディア全体が日本の参加者を盛り上げているが、国際大会でも冷静にレベルの高いスポーツを楽しむマインドを育てていくべきだと思う。

◇日本選手のメダル期待を高めると、日本の大衆(視聴者)が喜ぶので、“日本人初優勝なるか!”と、出演のスピードワゴンとともに番組を盛り上げようとする演出であったが、報道機関としては、もっと“正確さと公平さ”に努めるべきではないかと思う。

HTBからのご説明

【上杉報道情報センター長】

 スポーツファンが求める本格スポーツ番組のテイストを残しつつ、スピードワゴンの出演で娯楽性も加味し、日本人選手の応援もしようという内容でした。当然のことですが、イベントの開催スポンサーのTOYOTAさんの意向も十分踏まえています。今回は11回目でしたが、来年はさらに華やかな内容としたいと思います。若い人を対象とした今回の放送時間についても今後の課題としたいと思います。


TOPページへ戻る


Copyright © HTB All Rights Reserved.