番組向上への取組

TOP > 番組向上への取組 - 番組審議会だより

番組審議会だより

 北海道テレビ放送では、番組審議会委員10名の方による放送番組審議会を設け、毎月1回(8月と12月を除く)審議会を開催して、放送番組の内容をはじめ、放送に関する全般的な問題についてご意見を伺い、番組制作の参考にさせていただいております。
  番組審議会でのご意見は,番組モニターの方のご意見とともに、2ヶ月に一度第3日曜午前5:30から放送の「あなたとHTB」でもご紹介していますのでどうぞご覧ください。

 

第410回北海道テレビ放送番組審議会概要

日時

2009年1月22日(木) 15:00~17:00

審議番組

出席委員

伏島 信治 委員長
宮澤 仁朗 副委員長
大房 孝宏 委員
塩野谷英男 委員
三上 雅俊 委員
岸田 洋輔 委員
河村 利枝子 委員
佐々木小世里 委員
藤原 千枝子 委員(レポート提出)
中川ファリーン委員

会社側出席者

代表取締役社長  荻谷 忠男
専務取締役 デジタル推進担当 兼 報道情報担当 兼 技術担当 樋泉 実
取締役 CSR推進室長 兼 番組審議会担当 横山 憲治
取締役 編成担当 兼 編成戦略局長 林 亮一
報道情報局長 国本 昌秀
広報部長 大羅 富士夫
番組担当ディレクター 吉見生吹
番組審議会事務局長・CSR推進室・ホットラインデスク部長 古田 俊暁
番組審議会事務局 南部 由美

 

【会社報告】

  • 第60回さっぽろ雪まつり「浜松城」製作佳境
  • 2/14(土)開催の「TOYOTA BIG AIR」2/22(日)24:15~25:10OA
  • 旭山動物園日記2009冬(3月1日全国放送)
  • 「スペシャルドラマ・そらぷち」がアジア・テレビ賞優秀賞
  • 「ユメミルアニメonちゃん」がニューヨークフェスティバル・ファイナリスト
  • 「そらぷちの夢」「ぬくもりの向こうに」が厚生労働省・児童福祉文化財に指定
  • 「大地を黄金色に変えた」モニター報告
  • 11月、12月視聴者応答報告 ほか
 

【審議内容】

◇民間人が無償で水稲技術を伝えた情熱に感動した。団塊の世代も大いに励まされた。

◇原さんの存在は全く知らなかった。中国から愛され、尊敬される人物に触れて有意義だった。

◇息子さんが苗を初めて植えるシーンは父の関わった地での追体験が想像でき感動した。

◇コメの収量アップなどをグラフなどで、原さんの偉業を数量的に見せる工夫が必要だった。

◇世界の人口増加の中で、「食糧・水」とリンクできる具体的データを示してほしかった。

◇稲作発祥の地の主食がパンだったことは驚きだった。

◇当時の中国の人たちが日本をどう見ていたのか、歴史的な変化を見せないと物足りない。

◇国東北部の戦前の歴史にも触れてほしかった。友好的ではない期間が長かったのだから。

◇あるべき援助の見本のような話で、埋もれた偉人の発掘はマスコミの役割だ。


【吉見ディレクターの説明】

◇ほとんど無名に近い、稲作技術者原正市さんの成し遂げた偉業を、番組を通して一人でも多くの人に知って欲しいという一念で制作した。

◇原さんは、自分をあまり表に出さない謙虚な方だった。数少ない本人へのインタビューや、息子さんが果たした父との約束、中国の教え子たちの証言などを丹念に積み重ね、原さんの人となり、水稲技術指導にかけた熱い思いなどを表現したかった。

◇中国と日本に跨がった、長期に亘る取材を、構成に起伏を持たせながら、バランス良く配することは大変困難な作業だった。

◇米の収穫量などは数字だけでなく、映像やグラフ等で分かりやすく見せる工夫が不足していた。


TOPページへ戻る


Copyright © HTB All Rights Reserved.