私たちの姿勢

TOP > 私たちの姿勢 - HTBイクボス宣言

HTBイクボス宣言

 平成28年10月19日ワークライフバランス(仕事と生活の両立)および女性活躍推進をはじめとするダイバーシティ経営の取り組みのひとつとして、国内のテレビ局として初めてのイクボス宣言を行い、以降毎月19日をイクボスの日として働き方改革を進めています。

HTBイクボス宣言

◯ HTBで働く一人一人が「企業人」「家庭人」「地域人」として多面的に自らの価値を高めます。多様で多面的な価値観でイノベーションを起こし、「地域メディア」として組織の活力を高め、多様化する時代のトップランナーとなります。

◯ 日々の報道、番組制作、営業活動、事業等を通じて地域の課題 や生活者に寄り添い、「多様な価値観」を応援します。

◯ 上司、管理職は率先してワークライフバランスを実践し、部下の「企業人」「家庭人」「地域人」としての活躍を応援する「イクボス」になります。

◯ 長時間労働を改善し、すべての働く人がワークライフバランスを実現し、働きがいのある職場をつくります。

◯男性も女性もどんなライフイベントを迎えても自分らしい選択をできるしくみを整え、「OTAGAISAMA」精神を大切にする企業風土をつくります。

◯ 育児・介護、自身の病気など時間的制約があっても自分らしく働き続けることができるよう、規則の改訂やリモートワーク等について研究を進めます。上司、管理職は少子高齢化、生産年齢人口減少時代に即した効率的なマネジメント力を身につけ、ダイバーシティを実現します。

イクボスとは

職場で共に働く部下やスタッフのワークライフバランス(仕事と生活の両立)を考え、その人のキャリアと人生を応援しながら、組織の業績も結果を出しつつ、自らも仕事と私生活を楽しむ上司(管理者)のことです。特定非営利活動法人 ファザーリングジャパンが提唱しています。

樋泉社長のイクボス宣言

 組織のトップとして2017年1月19日に代表取締役社長 樋泉 実がイクボスを宣言しました。

私は、長時間労働の環境を改め、すべての人のワークライフバランスを応援することで組織の成果を出し、自らも仕事と私生活を楽しむ「イクボス」になります。
私は、チームHTBに「イクボス」を増やし、女性活躍をはじめとするダイバーシティ経営を実現します。 「企業人」「家庭人」「地域人」として多面的に地域の課題や生活者に寄り添う広場を全力でつくります。

ダウンロードファイル

• 代表取締役社長 樋泉実 のイクボス宣言書 (PDF文書)

役員と全管理職がイクボスを宣言

2017年2月19日に役員と局長、3月19日に局次長、部長、副部長の全管理職がイクボス宣言しました。

TOPページへ戻る


Copyright © HTB All Rights Reserved.