北海道テレビ:HTB online!
HTBオンラインショップ

OAダイジェスト

2015年10月 2日放送

「シルバーフェリーで快適に 青森県満喫旅」

画像 川崎近海汽船が運航するシルバーフェリーに乗って、青森県・八戸と十和田へいってきました。

画像 シルバーフェリーは、苫小牧と八戸をおよそ7時間で結ぶフェリーで毎日4便往復運航しています。
苫小牧を午後9時過ぎに出航する「シルバープリンセス」は週末のプチトラベルにもぴったりです。

画像 船内はポップで明るく、ゆったりと過ごせる特等室や・・・

画像 女性に配慮した2等室、この他、ベビールームなどもあって快適に過ごせます。

画像 訪れた青森県は魅力的なスポットばかり。
八戸港からほど近い「八戸市魚菜小売市場」では、新鮮な刺身や惣菜などを買って、その場で朝食にして食べられます。
どれもお値打ちな商品ばかりです。

画像 さらに、市場の食堂でシルバーフェリーの乗船券を提示すると、炊き立てご飯が1杯無料サービスされます。
オリジナルの海鮮丼を作るのもおすすめ!
なんと、1杯800円ほどで作ることができました。

画像 船を降りてすぐに車で移動できるのもフェリー旅の魅力。
今回は八戸市以外にお隣の十和田市にも行き、色んな芸術に触れてきました。

画像 自然あり、パワースポットあり・・・

画像 旅の最後には人情味あふれる屋台!
1日たっぷり満喫できる青森旅は、移動も快適なフェリーがおすすめ。
気軽に、身軽に楽しめます!

フェリーについて詳しくは、「シルバーフェリー」で検索。
www.silverferry.jp/
HPの予約フォームで申し込むと、お得な割引特典があります

「日本ハム"スパイシーワイルドボーイ"」

画像 画像 画像

道内を中心にレストランを展開しつつ、「札幌カリーせんべいカリカリまだある?」など、ユニークなお土産菓子を手掛けるヒットメーカー「ヨシミ」と日本ハムとのコラボによって、北海道限定の絶品ウィンナーが誕生しました。

画像 画像

その名は、『スパイシーワイルドボーイ』。
ネーミングもパッケージもインパクトは絶大。
これは、「ヨシミ」の勝山社長が、ニューヨークで見たワイルドに提供される"ホットドッグ"がヒントになったとか。

画像 旭川市にある「日本ハム北海道ファクトリー」で製造工程を見学させて頂きました。

画像 画像

「スパイシーワイルドボーイ」は、その名の通り、スパイスが効いたウィンナー。
試行錯誤の末、辿り着いたという特製スパイスには、カレー粉の主原料ともなる「クミン」や、一味唐辛子が入っています。

画像 画像 画像

絶妙に調合されたスパイスによって、"辛さ"ではなく、クセになるスパイスの風味が楽しめます。
そして、スパイスがしっかり効いているから、何もつけずに、そのままで美味しく食べられるのも特徴。

画像 さらに、「スパイシーワイルドボーイ」は、料理に使っても抜群の美味しさを発揮します。
そこで、ヨシミの勝山社長に、手軽に作れる"焼き飯"を教えて頂きました。

画像 画像

『スパイシーワイルドボーイで作る 秋の焼き飯』
(材料/2人分)
・スパイシーワイルドボーイ 4本 ・しめじ 5~6本 ・たまねぎ 20g
・パプリカ 20g ・枝豆 10粒 ・とうきび 40g ・ごはん 300g
・バター、塩、醤油、とんかつソース 各少々

画像 画像 画像

(作り方)
・熱したフライパンで、スパイシーワイルドボーイとその他の材料を炒め、軽く塩を加え、さらに炒める
・ごはんを加え、ヘラで混ぜながら炒める
・バター、醤油、とんかつソースで軽く味をつけたら完成

画像 朝食に、お弁当に、おつまみにもピッタリ!
料理に使っても抜群!
「スパイシーワイルドボーイ」が食卓の力強い味方になりそうです。

●日本ハム「スパイシーワイルドボーイ」
 1袋(標準7本入) 希望小売価格 450円(税別)
 お近くのスーパーで

●ヨシミキッチン
 札幌市中央区南1西3 札幌パルコ8F TEL) 011-214-2205
 営業時間) 午前11:00~午後11:00

イチオシ!イチオシ!モーニングHTB×Shufoo!