北海道テレビ:HTB online!
HTBオンラインショップ

OAダイジェスト

2016年4月 1日放送

「太平洋フェリー」

画像 春、おでかけのシーズン。
北海道新幹線の開業により、北海道と本州を結ぶ交通手段の選択肢が増えましたが、今回は、鉄道でも飛行機でもなく、とっておきの船旅をご紹介。

画像 画像 画像

苫小牧~仙台~名古屋を結ぶ「太平洋フェリー」。
今回、脇田リポーターが、実際に苫小牧から仙台まで乗船、560km、15時間の優雅な船旅を体験しました。
目的地に到着するための手段ではなく、船に乗ること自体が目的となる、ひと味もふた味も違う旅が楽しめます。
さらに、愛車も一緒に乗船できることが、フェリーの大きな特徴。
荷物が多くても大丈夫。

画像 画像 画像 画像 画像 画像

夕方、太平洋フェリー「いしかり」に乗船。
全長199.9m、まるで動く巨大なホテルといった感じ。船内には、様々なタイプの客室があります。
国内最大級という「ロイヤルスイートルーム」のほか、特等客室、ファミリーにおすすめの1等和洋室、また、個室感覚の「S寝台」など。

画像 画像 画像 画像

食事は、レストランで、豊富なメニューがそろう、バイキング形式。
寄港地の郷土料理なども楽しめます。
また、シアターラウンジでは、プロのアーティストによる本格的なショーを見ることができます。
自慢の大浴場は、入港30分前を除き、いつでも入ることが可能。
大海原の中で入るお風呂、優雅で贅沢な時間を満喫できます。

画像 早朝、スカイデッキに出てみると、何も邪魔するものがない水平線から、太陽が昇っていきます。
これは、船の上からでしか見ることができない、本当に贅沢な光景です。

画像 画像

乗船料金は、時期や部屋のタイプ、車の有無など、プランによって異なりますので、電話でお問い合わせ、
もしくは「太平洋フェリー」のホームページをご覧ください。
最大50%オフという、非常にお得な「早割」もあります。

ご予約・お問い合わせ
太平洋フェリー予約センター  電話011-281-3311
「太平洋フェリー」で検索

「札都」

画像 マイホームをお考えの方へ"新築"でもなく"中古"でもない第3の選択"再生住宅"をご紹介します。 お邪魔したのは、老舗建設会社「札都(さっと)」の常設展示場。

画像 画像

再生住宅とは、元々立っていた住宅をうまく活用して建てた住宅なので、コストを抑えることができ、新築よりも安く建てることができるんです。 またの名をリノベーション住宅とも言います。

画像 画像 画像 画像

元々は、すっかりくたびれてしまっていた中古の住宅でしたが、白を基調とした清潔感あふれる外観に変わりました。
古ぼけたキッチンは、カウンターに大変身。
壁も取り払いリビングが見渡せる開放感あふれる空間へと生まれ変わりました。

画像 画像

再生住宅にする前の住宅は、改修ポイントを厳しくチェックしその検査結果にそって建てるので、強度や断熱性は新築同等。 さらに、札都が手がけた再生住宅は、新築と同じく最長35年の長期住宅ローンも利用でき、5年以内に欠陥が判明したら修繕を求めることができる瑕疵(かし)保険の対象にもなります。

画像 画像

また浮いた費用を、キッチンや照明などの設備に充てることができるので夢の幅が広がりますよ。
気になる方は、札都へ問い合わせてみてください!
(フリーダイヤル 0120-126-310)

医TVイチオシ!巷のonちゃん