老いるショック

OAダイジェスト

2017年1月20日放送

「カルピス」

画像 画像

「カルピス」を使った冬にピッタリのホットドリンクをご紹介します。
レシピを教えてくれたのは、管理栄養士でもある料理研究家・中居香織先生です。

画像 画像

【はちみつレモンでホット「カルピス」】
カルピス、レモン汁、はちみつにお湯を加え、しっかり混ぜます。最後はお好みで輪切りのレモンをあしらって完成です。
レモンの香りで、カルピスがより爽やかになり、体も温まって今の時期ピッタリです!

画像 画像

【「カルピス」でホット甘酒】
電子レンジで温めることができる容器に甘酒とお水とカルピスを入れて牛乳対応の自動温めモードか、小鍋を使い中火で1分半ほど温めてください。
ショウガのしぼり汁と塩を加えながら飲んでください。
甘酒の風味がありながらも、カルピスによって爽やかにいただけます。
麹で出来た甘酒を使うと、アルコール不使用なので小さいお子さんでも安心して召し上がれます。

画像 画像

【「カルピス」のクリームでつくるフルーツサンド】
生クリームを泡立て、ツノが立つ固さになったらカルピスを加え、しっかり泡立てます。
パンに「カルピス」のクリームを塗り、フルーツをサンドし、冷蔵庫で20分ほど寝かせます。
ミミを落として、斜めにカットしたら完成です。

画像 フルーツフレーバーの「カルピス」もクリームにするとおいしいので、アレンジしてみてください!

「ライスバーガーカフェ Temp」

画像 画像

昨年末にオープンした、注目のお店をご紹介。 地下鉄東豊線「月寒中央駅」のすぐ近くにできた『ライスバーガーカフェTemp(テンプ)」です。

画像 画像

もともと、大の米好きだったという、オーナーの石澤さんが、やるならちょっと変わったことを、ということでこの店をオープンさせたそうです。

画像 画像 画像 画像 画像

メインのライスバーガーは、定番のおかずを入れた「しょうが焼きバーガー」、意外な組み合わせの「ポテサラバーガー」、超巨大な厚焼き玉子を挟んだ「厚卵バーガー」の3種類。
これを、味噌汁、サラダ等とセットにした『ライスバーガープレート』として楽しめるようになっています。

画像 画像

このライスバーガー、お米は、南幌町の「ゆめぴりか」を使用。
中に挟む肉や野菜など、使う食材にとことんこだわっているのが特徴で、ほとんどが、選び抜いた道産のもの。

画像 近くに行ったときは、ぜひ、この絶品の手作りライスバーガーを食べてみてください。

ライスバーガーカフェ Temp
札幌市豊平区月寒東1条7丁目6-5 TEL 011-376-1122

●営業時間 午前11:00~午後8:00 火曜定休
●ライスバーガープレート 850円

イチオシ!onちゃんLINEスタンプ第2弾好評発売中!DOKO Ga TV