老いるショック

OAダイジェスト

2017年8月18日放送

「札幌もなみふれあいパーク」

画像 画像

札幌市南区石山にある札幌もなみふれあいパーク。
去年9月にできたばかりで日本初となる屋内型のガーデニング納骨堂です。
花と緑にあふれた館内に、心を癒す噴水の音色。
公園のようにすがすがしい雰囲気を作るために設計されています。

画像 画像

こちらの納骨堂は、4つのタイプに分かれていて、お好みで選ぶことができます。
納骨堂の手前に植栽スペースを設けた「フルール」は、季節の花と緑が、大切な人に寄り添ってくれます。

画像

噴水を中心に扇形に配置された「エバーグリーン」は、花と緑に包まれたガーデニングエリアになっています。

画像

後継者のいない方や次の代に負担を掛けたくない方におススメしているのは、「ふれあいの碑」です。
プレートに故人のお名前やお好きな言葉等を刻むことができます。

画像

『ダイアナ』は樹木葬タイプになっています。
一般的な黙想タイプでは合同墓となることが多いのですが、こちらの樹木葬は一人づつ埋葬され名前などが刻まれたプレートもあるので、場所が明確です。

画像 画像

納骨だけでなく、お葬式もできるホールもあります。

真駒内駅から車で5分。バス停も施設の目の前にあるので、思い立ったら気軽にお参りに伺える「札幌もなみふれあいパーク」。
緑と噴水の音に癒されるガーデニング型納骨堂をご検討してみてはいかがでしょうか。

「三菱ミニバス」

画像

"2002年から始まった三菱電機ミニバスケットサマークリニック。
毎年北海道で小学生を対象としたミニバス教室が行われ今年は湿原の風アリーナ釧路で実施されました。

画像 画像

この日集まったおよそ100人の小学生を指導するのが名古屋ダイヤモンドドルフィンズのヘッドコーチと日本バスケット界の第一線で活躍するプロの選手たちです。
練習試合ではプロ選手のプレーを目の当たりにしながらプロ選手と一緒にコートを駆け回った、今回のサマークリニック。
子どもたちにとって充実した1日になったようです。

「味覚園」

画像

炭火焼肉「味覚園西野店」を取材

画像 画像

味覚園のカルビーは「群馬産上州牛」となっています。
味覚園では仕入れ担当が日本全国を探し歩いて見つけた高品質の群馬産上州牛をはじめ、小清水和牛など地元産の肉も提供しています

画像 画像

味覚園西野店おススメの「名物ミスジロース」。
ミスジとは、「幻の部位」とも呼ばれ、一頭の牛からわずか3kgほどしか取れない、牛のウデの部位の一つです。美しい桜色で上カルビのような霜降りなのに、しつこさのないさっぱりとした脂の甘味が特徴なんです

画像

味覚園西野店では、8月期間限定で冷麺フェアを開催中です!
味覚園オリジナル太麺で甘辛味噌の風味が食欲をそそる「和牛ビビン麺」や人気の「ユッケジャンスープ」から作り上げた一品で、たっぷり乗った白髪ねぎと、ピリ辛お肉の味わいが抜群の「ユッケジャン冷麺」など夏の期間だけお楽しみいただけるメニューが楽しめます。

「リクシル」

画像 画像

今月8日、札幌で室温バリアフリー ちょう℃(ど)いい暮らしをテーマにフォーラムが開催されました。

画像 画像

展示品の玄関ドアなんですが、中央部分の窓を開けると網戸が付いており、ドアを開けずに空気の入れ替えができちゃうんです。
また北海道エリアならではの展示の工夫もしているそうで、樹脂サッシを中心とした新商品を中心に展示しています

画像

フォーラムでは特別講演やパネルディスカッションも行われ来場者も熱心に聞いていました。

ハナタレナックスイチオシ!HTBオンラインショップ