北海道・自然情報トップへ 過去の情報 私達のこと to HTB
HTB
HTB北海道自然情報編集部
北海道テレビ クロスメディアコミュニケーションセンター
〒062-8501 札幌市豊平区平岸4条13丁目10番17号
TEL: 011-824-3858 FAX:011-820-7352
HomePage http://www.htb.co.jp/

夏山シーズン迎えた利尻山 上へ
八合目から見上げた利尻山
 7月中旬、日本海に浮かぶ利尻山は素敵な登山シーズンを迎え、大勢の岳人が列を作っています。写真は8合目から望む立ち姿ですが、山頂直下の礫地には日本で唯一の野生ポピー(ケシの花)「リシリヒナゲシ」が黄色い花を咲かせていました。近づくことがかなわない崩落した斜面で、薄くて気品のある花弁が天空を見つめています。上手な写真が撮れませんでしたが、記憶の中できらきらと輝いてます。 (2011/07/21 11:36)
クマゲラと出会う冬の森 上へ
採食するクマゲラ(札幌・藻岩山)
 冬の藻岩山では、クマゲラの目撃頻度が増すように感じます。木々に葉が茂っていないので、見通しが良いからでしょう。
 樹木にとまって鳴く声は「キョーン、キョーン」、飛んでいる時は「クルッ、クルッ」。聞こえた方向に目を凝らすと見つけることができます。「コツ、コツ」と樹木を掘る音で気づくことも。開けた穴の大きなことに驚きます。アイヌ民族が丸木船を掘る神と崇めたことも納得です。 (2011/03/02 12:40)
夏を告げる紫舞う 上へ
藻岩山のオオムラサキ
 7月になり、札幌の藻岩山ではオオムラサキが舞い始めました。森の空間の高低を大きく使って飛び交います。時折、木の葉にとまる一瞬が撮影チャンス。眩しい夏の森に、鮮やかな紫色が似合います。 (2010/07/05 12:33)
藻岩山にも春の花 上へ
登山路に咲くエゾエンゴサクの群落
 低温続きで藻岩山の森も例年より木々の芽吹きが遅れています。それでも、春一番に咲くエゾエンゴサクやエンレイソウが足元を淡い色彩で染めています。ヤマザクラの開花もまもなくでしょうから、これからは萌黄色の春もみじが楽しみですね。そわそわする春の到来です。 (2010/05/07 11:23)
初冠雪の藻岩山 上へ
雪化粧した藻岩山の登山路
 1日夜から降り始めた札幌の初雪が標高531メートルの藻岩山を白く染めました。休日の3日にちらちら舞う風花に誘われて出かけてみると、意外と大勢の人が登っていました。ぴりっと引き締まった空気に惹かれたのでしょうか。登山路の観音様も雪化粧して、静かに冬の訪れを告げていました。 (2009/11/04 13:27)


北海道・自然情報トップへ 過去の情報 私達のこと to HTB