朝日新聞×HTB 北海道150年 あなたと選ぶ重大ニュース

走行中のJR普通列車から煙 乗客ら180人が避難

ニュース画像

動画を再生

 札幌市厚別区を走行中のJR函館線の列車から煙が出て線路上で緊急停止し、乗客ら180人が避難しました。

 午前7時15分ごろ、JR函館線の厚別駅と森林公園駅の間で、走行中の普通列車の配電盤から煙が出ました。乗り合わせた乗客は「煙が3両目にどんどん充満して、電車が急停車して、むせこむような臭いで3両目にいた人は咳き込みながら避難していた」と話しています。列車は線路上で緊急停止し、乗客らおよそ180人が近くの踏切の外まで歩いて避難しました。
 けが人はいませんでした。JRによりますと、列車内の配電盤内部の空調系のヒューズが焦げていたということで、電気系統の異常とみて原因を調べています。

HTB×Shufoo!イチオシ!北海道onデマンド