朝日新聞×HTB 北海道150年 あなたと選ぶ重大ニュース

「過去の教訓生かす」JR研修施設がリニューアル

ニュース画像

動画を再生

 JR北海道が、研修施設を全面リニューアルし、4日にメディアに公開されました。総事業費は86億7000万円にのぼります。

 札幌市手稲区にあるJR北海道の社員研修センターは、以前はJR苗穂駅の近くにありましたが、施設の老朽化と苗穂地区の再開発に伴い、今年4月までに移転し、全面リニューアルしました。2011年5月に石勝線の特急列車が脱線し、トンネル内で火災を起こしました。乗客248人は、自主的に歩いてトンネルの外へ避難し、一命をとりとめましが、施設には車両の一部が展示されています。外壁も内部も焼け焦げていて、今も火災の壮絶さを後進に伝えています。また2013年9月には函館線の大沼駅で貨物列車が脱線しました。レール幅のデータを改ざんし、国に嘘の報告をするという事件にまで発展しました。「安全文化の再生」はJR北海道の最重要課題ですが、これらの事故や事件の後に入社した社員はおよそ1000人と、全社員の7分の1を占めています。

イチオシ!HTB×Shufoo!あなたのダンス イチオシ!モーニングで披露しませんか?