朝日新聞×HTB 北海道150年 あなたと選ぶ重大ニュース
北海道150年あなたと選ぶ重大ニュース

銭函駅 脱線事故 事故調査はじまる

2017/12/07(木) 18:08 掲載

 JR函館線できのう列車が脱線し国交省の鉄道事故調査官が現地に入りました。JR北海道は先ほど会見を開き謝罪しました。
 JR北海道・田畑正信常務は「お客様に大変ご迷惑をおかけしたということについてこの場を借りてお詫び申しあげたいと思います」と語りました。
 JRは会見できのうの脱線の原因について「車両や軌道に問題はなく雪や氷の塊に乗り上げたと推定される」との見解を示しました。
 「列車はこちらの踏切で脱線しましたが、およそ70メートルほど走った後、再びレールに載ったということです」と、記者がレポートします。
 この事故はきのう午前5時半すぎ、JR函館線・銭函駅構内の踏切で小樽方向に向かっていた回送列車が脱線したものです。
 これを受け国交省運輸安全委員会の鉄道事故調査官が午後3時から現場に入り脱線の詳しい原因を調べています。

LINEで送る
イチオシ!動画ポスト

HTBニュースでは、あなたが撮影した事件、事故、自然現象などニュース映像をお待ちしています。あなたが現場にいて偶然撮影した動画や画像をぜひPCやスマートフォンから投稿してください。
※投稿された映像は必ず番組で採用されるものではありません。あらかじめご了承ください。

その他の応募方法はこちら

公式SNS

  • youtube
  • facebook
  • twitter

HTBニュースをシェアする

LINEで送る
ニュース投稿