北海道テレビ:HTB online!
老いるショック

過去の放送

在宅介護に希望を与える介護ロボット

2016年12月20日放送

介護保険制度が始まって17年(2000年スタート)。
病院や施設ではなく、家族による在宅介護が増えています。
厚生労働省の調査では現在、日本で介護や支援を必要としている65歳以上の人は
545万人を超えています。そのうち2割以上は夫婦だけの世帯です。
老々介護が増えていく一方で、注目されているのがロボット技術です。

60歳という年齢で突如、脳出血で倒れた札幌の男性。
一命はとりとめたものの右半身が麻痺、言語にも障害が残りました。
妻は、まだ若いからと夫がもう1度歩けるようになることを信じて
在宅でもリハビリを行っています。
そのリハビリに一役買っているのが、世界初の医療用サイボーグロボットです。
多い時で週に3回。歩行の練習に使い始めて3ヵ月目、変化がありました。
麻痺が残る右足に体重をかけることができず、歩くときにバランスを崩していましたが
ほんの少しですが、バランスがとれるようになったのです。
妻は、夫が歩けるようになったら、夫婦で温泉に行きたいと話しました。

赤平市に住む夫婦は5年前に夫が突然パーキンソン病にかかり
介護を余儀なくされました。
パーキンソン病は手足の筋肉が徐々に動かなくなり、自由を奪っていきます。
在宅で夫の面倒をみると決めた妻でしたが、ひとつの悩みがありました。
「排せつ」です。
夜間1時間おきに起こされ用を足す...妻は心労のため倒れたこともありました。
しかし、夫のプライドを傷つけまいと「おむつ」は使いませんでした
2年前、「排せつロボット」をすすめられ、「これなら!」と夫婦で使用を決断。
夜間だけ、使用することにしました。
今では安眠が約束され、夫も気を遣わず、妻も仕事に支障をきたさなくなりました。

購入だけでなくレンタルも1割~2割負担でできる介護ロボットは
今後も在宅介護の大きな手助けになると言われ、技術の進歩も期待されています。

line
  • 年金
  • 介護
  • 医療
  • ケア 支援
  • 住まい
  • 老い
line
TOPページへ戻る
onちゃんLINEスタンプ第2弾好評発売中!おにぎりあたためますかイチオシ!