朝日新聞×HTB 北海道150年 あなたと選ぶ重大ニュース

新海誠展

2018.1.3wed
-2.25 sun

札幌芸術の森美術館
にて開催決定

  • 開館時間
     午前9時45分 → 午後5時 (入場は午後4時30分まで) 休館日=月曜(祝日・振替休日の場合は開館し、翌火曜休館)[休館日 1/9・15・22・29、2/5・13・19]
  • 入場料金や前売券情報は、順次発表いたします。
  • 主催=札幌芸術の森美術館(札幌市芸術文化財団)、HTB北海道テレビ、HTBプロモーション、北海道新聞社、朝日新聞社
    問合せ=札幌芸術の森美術館 TEL:011-591-0090
    展覧会公式ホームページ
  • 展覧会について

    展覧会について

    アニメーション監督・新海誠のデビュー15周年を記念して『新海誠展 -「ほしのこえ」から「君の名は。」まで-』を開催いたします。
    新海誠は2002年に短編アニメーション「ほしのこえ」で商業デビューしました。それから15年、新海氏は“美しく壮大な世界ですれちがう男女の物語”を完成度の高い物語に結晶させ、登場人物やその世界を鮮やかに描き続け、世代や国境を超え多くの人々を引きつけています。 本展覧会は新海誠監督のデビュー15周年を記念し、その軌跡と作品を、貴重な制作資料である絵コンテ、設定、作画、美術、映像などをはじめ、世界観を体験できる造形物などの展示を通じて紹介します。個人制作の「ほしのこえ」から、集団制作に挑み初長編作品にして毎日映画コンクールで受賞した「雲のむこう、約束の場所」、今なお熱狂的に語り継がれる「秒速5センチメートル」、本格ジュブナイルファンタジー「星を追う子ども」、デジタル時代の映像文学「言の葉の庭」、そして昨年公開し記録的な大ヒットとなった最新作「君の名は。」までを完全網羅し、新海誠のアニメーション作品の魅力に迫ります。 アニメーション監督・新海誠とその作品の魅力に、より多くの人が触れ、さらなる理解を深めていただく機会となれば幸いです。

  • 新海誠監督について

    新海誠監督について

    新海誠新海誠1973年生まれ、長野県出身。
    2002年、個人で制作した短編作品「ほしのこえ」でデビュー。同作品は、新世紀東京国際アニメフェア21「公募部門優秀賞」をはじめ多数の賞を受賞。2004年公開の初の長編映画『雲のむこう、約束の場所』では、その年の名だたる大作をおさえ、第59回毎日映画コンクール「アニメーション映画賞」を受賞。2007年公開の『秒速5センチメートル』で、アジアパシフィック映画祭「最優秀アニメ賞」、イタリアのフューチャーフィルム映画祭で「ランチア・プラチナグランプリ」を受賞。2011年に全国公開された『星を追う子ども』では、これまでとは違う新たな作品世界を展開、第八回中国国際動漫節「金猴賞」優秀賞受賞。2012年、内閣官房国家戦略室より「世界で活躍し『日本』を発信する日本人」として感謝状を受賞。2013年に公開の『言の葉の庭』では、ドイツのシュトゥットガルト国際アニメーション映画祭にて長編アニメーション部門のグランプリを受賞。同年、信毎選賞受賞。2016年『君の名は。』公開、次世代の監督として国内外で高い評価と支持を受けている。

  • 展示内容

    展示内容

    札幌会場の展示内容は順次お知らせいたします。

  • [交通のご案内]

    札幌芸術の森美術館 (札幌市南区芸術の森2丁目75番地)

  • ■地下鉄・バスをご利用の場合

    地下鉄南北線「真駒内」駅のバス2番のりばから中央バス乗車(約14分)
    「芸術の森入口」下車(15分間隔で運行)。
    ※2番のりば発のバスはすべて「芸術の森入口」に停まります。

  • ■お車をご利用の場合

    札幌市中心部から国道453号線を支笏湖方面に南下(約30分)。
    ※駐車場(650台収容)は1車両1回につき普通車500円、大型車1,200円。
    ※6枚綴りのお得な駐車回数(1,000円)を駐車場料金所にて販売しています。