DIARY トップへ
公演概要稽古日誌Photo gallery
トップPhoto gallery >12月22日(ゲネプロ)

■12月22日(木)初日前日・ゲネプロ

夜8時からゲネプロが行われました。ゲネプロとは聞きなれない言葉ですが、舞台用語でドイツ語のgeneralprobeに由来しています。 略して「ゲネ」と言ったりもします。上演に先立って衣装はもちろん、照明や音響、小道具なども本番と同じように行う総稽古のことです。 ゲネプロは演者と演出家の総チェックの意味もあるので、スタッフ以外オフリミットという場合も珍しくないのですが、 小橋さんを除いて舞台に立つのは皆初めてという乙女たち。鈴井カントクの心配りで、舞台度胸をつけようと関係者や招待客約80人が見守る中、 ゲネプロが行われました。本当は初日のキャストでやりたかったのですが、乙女たちの仕事の都合でそうもいかず、変則的に5人の乙女たちが入れ替わり、 立ち代わりで舞台に立ちました。この夜は10時から2回目のゲネをやるはずでしたが、 鈴井カントクは「きっかけがなってない」と急きょ舞台稽古に切り替わりました。その場、その場で変わっていく…これが舞台の醍醐味です。


Copyright © HTB All Rights Reserved.
当サイト上の写真・画像の複製や第三者への送信、ネットでの公開等を固くお断り致します。