日本-フィンランド外交樹立100周年 Moikka! フィンランドに恋して~森と湖の国のサステナブルライフ~ 2019年 12月24日(火) ・ 12月26日(木)

EVENT INFORMATION

1226日(木)

フィンランドからの留学生の皆さんと語るトークセッションと、伝統楽器カンテレ、そしてピアノのミニコンサート
場所:さっぽろ創世スクエア 札幌文化芸術交流センター 1F
 SCARTS(スカーツ)コート

 (札幌市中央区北1条西1丁目)
18:30~20:00(開場18:00)
定員120人 入場無料
 ※席数と消防法上、お立見を規制させていただく場合がありますのでご了承ください

トークセッション ゲスト

  • あらひろこさん

    あらひろこさんフィンランドの伝統楽器カンテレの演奏者、コンポーザー。日本でまだカンテレがあまり知られていなかった1990年代から、国内では数少ないカンテレ奏者として活動。情景を奏でるやわらかな演奏を持ち味に、オリジナルや即興、北欧の伝承曲などを中心に演奏。ソロのカンテレ演奏をはじめ、馬頭琴・喉歌の嵯峨治彦さんとのユニットRAUMA(ラウマ)ほか、朗読や美術とのコラボレート、内外のさまざまなジャンルのミュージシャン、アーティストと共演している。2013年5月にフィンランドで開催された第2回国際カンテレコンペティション(アンサンブル対象)プロフェッショナル部門に、嵯峨治彦さんとのデュオ、RAUMAとして参加し、第二位と、マルティ・ポケラ賞を受賞。今年2月には、フィンランド・ エスポー市の男声合唱団エスミラの「カレワラの日」コンサートにゲスト出演した。

  • ミア・ティッロネンさん

    ミア・ティッロネンさん首都のヘルシンキ市生まれ。ヘルシンキ大学で東アジア研究(日本語)を専攻し、大阪大学日本語日本文化教育センターで1年間の留学を経て、2016年から北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院で在学中。現在、国際広報メディア・観光学専攻博士課程1年で、宗教と観光の結びつき、特に神社における観光を研究中。専門分野は観光学と宗教社会学。趣味はピアノとヴィオラを弾くこと。

  • ネッタ・ホンギストさん

    ネッタ・ホンギストさんフィンランドで9番目に大きな湖水地方の町、クオピオ市生まれ。小学生時代に高橋留美子さんの「らんま1/2」「うる星やつら」など漫画を通して日本文化に触れる。高校で日本語を学び、2016年に北海道大学に入学。現代日本学プログラム日本社会・制度専攻3年生。日本とEUの貿易連携協定についてフィンランド企業の観点から研究中。趣味は、ヴィーガン料理、編み物、温泉巡り。

  • 坂口知生幸ちうささん

    坂口知生幸さん幼い頃よりフィンランドの文化や建築に憧れ、高校1年生でフィンランド東部にある湖の中の島々をつなげて形成された湖の町、サヴォンリンナに札幌ロータリークラブの交換留学制度を通じて1年間留学。現地では2組のホストファミリーに恵まれ、サヴォンリンナの芸術学校で学んだ。フィンランド語検定資格試験のために今年2月、再びサヴォリンナに渡り各地を一人旅した。休学していたため1年遅れて今年3月に卒業。建築家になるという夢を目指して、フィンランド留学に挑戦中。

フィンランドメロディ―

  • 鳥居はゆきさん(ピアノ)

    鳥居はゆきさん(ピアノ)札幌大谷短期大学音楽科ピアノコース卒業後声楽コースへ転科。同、専攻科、研究科卒業。2011年から元札幌交響楽団首席チェリストの土田英順氏のピアノ伴奏者として、東日本大震災支援のチャリティコンサートで日本各地をまわり、その数は300回を超える。馬頭琴やヴァイオリン、声楽との共演、ピアノの弾き語り、朗読など幅広く活動。また、長屋的selectshop music cafe 「Lákura」を経営。築100年の質蔵をリノベーションし、独自のこだわりフード限定メニューを完全予約制で提供。made in Sapporo暮らしに寄り添う服Água de Beberの企画デザイン、フリースタイリストとしてアパレル業界に身を置く。

  • あらひろこさん(カンテレ)

    あらひろこさんフィンランドの伝統楽器カンテレの演奏者、コンポーザー。日本でまだカンテレがあまり知られていなかった1990年代から、国内では数少ないカンテレ奏者として活動。情景を奏でるやわらかな演奏を持ち味に、オリジナルや即興、北欧の伝承曲などを中心に演奏。ソロのカンテレ演奏をはじめ、馬頭琴・喉歌の嵯峨治彦さんとのユニットRAUMA(ラウマ)ほか、朗読や美術とのコラボレート、内外のさまざまなジャンルのミュージシャン、アーティストと共演している。2013年5月にフィンランドで開催された第2回国際カンテレコンペティション(アンサンブル対象)プロフェッショナル部門に、嵯峨治彦さんとのデュオ、RAUMAとして参加し、第二位と、マルティ・ポケラ賞を受賞。今年2月には、フィンランド・ エスポー市の男声合唱団エスミラの「カレワラの日」コンサートにゲスト出演した。

  • ヒンメリアート
    山本睦子さん

    山本睦子さんヒンメリ作家、グラフィックデザイナー、北海道フィンランド協会常任理事。フィンランドで生活し、北欧のデザインや暮らしを体験。フィンランド語の師である川上Seija氏から、伝統的なクリスマスの装飾品であるヒンメリの制作や文化・日々の暮らしなど、フィンランドの人々の「心」と「ライフスタイル」を学ぶ。フィンランド大使館や日本民藝館、また全国の美術館などでワークショップや作品展示を行う。著書に『ヒンメリをつくる-北欧フィンランドの伝統装飾モビール』(誠文堂新光社)。

  • 司会
    森さやか(HTBアナウンサー)

    森さやか(HTBアナウンサー)

※写真およびロゴマークは著作権者であるフィンランド大使館およびフィンランド政府観光局の許諾を得て使用しています。
主催:
HTB北海道テレビ、朝日新聞北海道支社
協力:
札幌市図書・情報館
後援:
フィンランド大使館、北海道フィンランド協会、北海道大学国際連携機構、北海道大学欧州ヘルシンキオフィス、公益財団法人 北海道文化財団、札幌市教育委員会