これまでの放送

イチモニ! > これまでの放送 > 稚内の「銀杏草」

2019年2月23日(土)放送

食のチカラ

稚内の「銀杏草」

稚内でとれる冬の風物詩が「銀杏草」(ぎんなんそう)です。
その漁は過酷です。凍った海の中を腰までつかり、氷をかきわけ進んでいきます。
そして水中メガネで海中を覗き、「かっちゃぎ」と呼ばれる熊手で採取します。

現在稚内で銀杏草をとる漁師さんは5、6人しかいないそうです。
貴重な銀杏草はみそ汁の具にするのが一般的ですが、稚内では他にも
いろいろな食べ方がありました。

寒い時期しか食べられない銀杏草、ぜひコリコリとした食感を
味わってください!


記事一覧

募集中!!

  • 動画投稿はこちらから