now onair

04:25

テレビショッピング

NEXT

新型コロナウイルス

冬の嵐 北海道各地で被害相次ぐ 倒木・落雪・冠水… 交通網大打撃 札幌の幹線道路も大渋滞

 冬の嵐が北海道を襲い、各地で被害が相次ぎました。交通機関にも大きな影響が出て、札幌の幹線道路も大渋滞となりました。
 須藤有基記者:「こちらすすきのでは、雪の重みでしょうか、松が折れて車道の一部をふさいでいます」。札幌をはじめ道内各地を襲った大雪と暴風雪。人々が寝静まっていた12日午前3時ごろ、札幌のすすきのでは雪の重みで倒れた木が道をふさぎました。

 北区新琴似では商店の軒先のテントが雪の重さで倒壊。けが人はいませんでした。さらに、東区の住宅街では…。須藤有基記者:「先ほど1人が落雪に巻き込まれ、救助されたということです」。正午ごろ、雪かきをしていた81歳の女性が一時、屋根から落ちてきた雪に埋まりました。通報者の女性:「私が雪かきしてて、かすかに声が聞こえるなって。本当に『助けて~』って」。警察によりますと、女性は全身が雪に埋まりましたが、およそ20分後に救助され、命に別状はないということです」。

 吹き荒れる地吹雪。時折、まったく視界がきかなくなったのは稚内市。稚内市民:「もうゴーグルつけないと歩けないです。もう歩いていても誰もいない」。大雪は道東でも。帯広では午前7時までの24時間で、1月の観測史上最多の59cmの雪が降りました。

 影響は、各地の交通機関にも。奥田勤記者:「電光掲示板を見てみますと、ほとんどの電車が動いていません。改札の前には電車に乗れない人たちが、大勢集まっています」。JR札幌駅では、快速エアポートや各地に向かう特急列車が運休。混乱が続きました。神戸からの旅行者:「朝、天気予報を見て早めに動いたんですけど。冬の北海道はこれがあるからと思っていたんですけど、まさか自分らが当たるとは思わなかった」。奥田記者:「ざっと数えて200人ぐらいの観光客が並んでいます」。JRがストップした影響で、札幌駅と新千歳空港を結ぶ連絡バスの乗り場には、100mを超える長い列が。

 さらに市内の幹線道路では…。伊藤栄祐記者:「信号は青なんですが、車はほとんど進まない状況になっています」。午前10時ごろ。豊平区福住にある羊ケ丘通では、大渋滞が起きていました。伊藤記者:「通りの横を歩いているんですが、渋滞のせいで車は前に進みません。歩いたほうが速いですね」。各地で車の立ち往生や事故が相次ぎ、札幌市内の道路は混雑が続きました。タクシードライバーも諦め顔です。タクシー運転手:「20キロか30キロでしか運転できない。1000円で行けるところが1000円オーバーの状況」。市内を走る路線バスも大幅な遅れが出ました。バスの乗客:「いつも10分や15分で着くところが、30分ぐらい」。「乗るのに30~40分ぐらいかかった。ここに着くまで1時間以上」。

 河野路恵記者:「目の前の通りが、このように雪が解けて水浸しになっていて、足を入れると、このように足首まで水に浸かってしまいます」。札幌の地下鉄白石駅前。溶けた雪や氷で排水溝が塞がり、道路が冠水しました。交差点を通る車もノロノロ運転です。

 滑りやすい路面で交通事故も起きました。立田祥久記者:「現場は緩いカーブになっています。軽トラックは事故の衝撃で、前の部分が大きく潰れています」。午前11時すぎ、旭川市のトンネル内でトラックと軽トラックが衝突。合わせて3台が絡む事故になり、軽トラックに乗っていた男性が死亡しました。

 大雪の影響で真っ暗になったのは、えりも町にあるコンビニ。道内では一時、最大およそ5000戸が停電しました。

 斜里町では暴風雪の影響で電柱が倒壊し道路を塞ぎました。さらに、道東の厚岸町では。佐藤俊記者:「道路が冠水して、川のようになっています。氷や雪が流されて、滞留しています」。急速に発達した低気圧による高潮で、道路が一時冠水しました。厚岸町民:「ひどかったよ。風が沖から出てるから、向こうから潮が出てる。北風だったら、もっと(海面が)上がる」。

その他のニュース

一覧の続きを表示
htb