now onair

NEXT

新型コロナウイルス

「国後島で女性の遺体」ロシアから10日に連絡受け 13日発表 知床・観光船沈没事故の行方不明者か 

 国後島で女性の遺体が見つかっていたとロシア側から10日に連絡があったことを海上保安庁が13日に発表しました。知床沖の観光船沈没事故の行方不明者の可能性もあると見ています。

女性の遺体は今月6日、国後島の西の海岸で見つかりました。通報した島民によりますと、遺体は黒いタンクトップと薄い青色のジーンズ、茶色いベルトを身に着けていたということです。遺体は古釜布の病院に搬送されたあと遺体安置所に置かれているとみられています。身元につながる所持品はなかったということです。海上保安庁は10日ロシア側から連絡を受け、13日に発表しました。知床沖の観光船沈没事故の行方不明者の可能性があるとして、観光船に乗っていた女性の家族に遺体発見の情報を伝えるとともに、当時着ていた衣服や特徴の情報提供を求めました。ロシア側の情報と照合し身元の特定を急ぐことにしています。

その他のニュース

一覧の続きを表示
htb