北海道150年あなたと選ぶ重大ニュース

「事業収入だけでは賄えない」JRが値上げを示唆 

2018/06/13(水) 17:45 掲載

 国などに対して財政支援を求めているJR北海道が、運賃値上げの可能性を示唆しました。値上げが実施されれば22年前の1996年以来となります。
 13日の定例記者会見で島田修社長は「現状の事業収入だけではまかなえない。一部においては利用客にも負担をお願いせざるを得ない」と話し、経営再建の骨格を夏ごろまでに示すとした上で、利用者にも広く費用負担してもらうことへの理解を求めました。また値上げはファイターズのボールパーク輸送に関する路線の改良などにもつながるとしました。時期や上げ幅は明らかにされませんが、値上げとなれば1996年以来となります。また会見では、新幹線の青函トンネルにおける高速走行試験を9月までに行うことにも言及しました。現在、青函トンネルは最高速度が時速140キロに制限されています。試験では200キロ以上の走行に加えて、貨物列車とのすれ違いの試験も行われる予定です。

LINEで送る

その他の道内ニュース

一覧の続きを表示
イチオシ!動画ポスト

HTBニュースでは、あなたが撮影した事件、事故、自然現象などニュース映像をお待ちしています。あなたが現場にいて偶然撮影した動画や画像をぜひPCやスマートフォンから投稿してください。
※投稿された映像は必ず番組で採用されるものではありません。あらかじめご了承ください。

その他の応募方法はこちら

公式SNS

  • youtube
  • facebook
  • twitter

HTBニュースをシェアする

LINEで送る
ニュース投稿