now onair

NEXT

新型コロナウイルス

ザンギでテレビ局から300万円だまし取った罪 検察懲役3年求刑 男は起訴内容を否認 

 北海道のソウルフード「ザンギ」に関連したイベントでテレビ局から300万円をだまし取った罪に問われた男の裁判が札幌地裁で開かれ、男は起訴内容を否認しました。
 起訴状によりますと札幌市白石区のアルバイト従業員金井英樹被告53歳は去年2月、北海道ザンギ連盟の代表理事としてテレビ北海道とザンギのイベントなどを行った際、札幌市の補助金300万円をすでに受け取っていたにも関わらず「補助金が下りない」などと言ってテレビ北海道から300万円をだまし取った罪に問われています。19日に札幌地裁で開かれた初めての裁判で、金井被告は「イベントの売り上げで返すつもりだった」と起訴内容を否認しました。検察側は懲役3年を求刑しました。

その他のニュース

一覧の続きを表示
htb