now onair

14:55

家事ヤロウ!!! ホットサンドメーカーで激ウマ飯&料理芸人100円アイス大変身【再】

NEXT

新型コロナウイルス

【解説】伊達前参議院議長 安倍元総理に旧統一教会票を依頼

 旧統一教会等主催行事に参加していた伊達忠一前参議院議長が、HTBの取材に対し、安倍元総理に旧統一教会の票を依頼したことを明らかに。旧統一教会に詳しい北海道大学大学院の櫻井義秀教授に聞きました。
 伊達忠一氏は臨床検査技師から政界に進出した、北海道選挙区選出の自民党の元参議院議員です。
 3期目には参議院議長も務め、2019年に政界を引退しています。

 こちらは伊達氏の話をもとにした構図です。
 伊達氏は2016年の参議院選挙で臨床検査技師出身で、全国比例で出馬した自民党の宮島喜文氏を応援していましたが、票が足りないため、当時の安倍総理に旧統一教会の組織票を回すようお願いしたということです。
 安倍総理も了承し、結果的に宮島氏は当選しました。

 また、先月の参議院選挙で伊達氏は再び宮島氏を応援するため、安倍元総理に旧統一教会の票を割り振るよう頼みましたが、安倍氏は「今回は井上で」と、全国比例で出馬した自民党の井上義行氏に票を回すと話したということです。
 その後、宮島氏は出馬を辞退し井上氏は当選を果たしました。

 北海道大学大学院 宗教社会学 櫻井義秀教授
 「政治家の方の証言が出てきたというのは非常に大きい。自民党が組織的に旧統一教会とやはり関わりを持っていたのかということがだんだん明らかになってきたなというふうに思う。」

その他のニュース

一覧の続きを表示
htb