北海道150年あなたと選ぶ重大ニュース

大雨の農業被害 12億円超に

2018/07/12(木) 19:12 掲載

 道は12日、先週、道内を襲った大雨の農業被害額が、上川・留萌・空知を中心に12億4000万円にのぼると公表しました。
 道は12日、JAなどの関係団体と先週の大雨による農業被害について話し合う協議会を開きました。この中で、道内の農業被害額が12億4000万円にのぼることを明らかにしました。被害は8つの振興局にわたり、特に上川・留萌・空知管内は田畑が冠水するなどしたため被害が大きいということです。農作物で最も被害面積が大きいのは稲で、そばや豆類が続きます。深刻な被害を受けた旭川市の西川市長は高橋知事に「2年前の台風に比べてもかなりの被害になっている」と報告し、支援を要請しました。高橋知事は「災害のことはしっかりやっていきたい」と応じました。

LINEで送る
イチオシ!動画ポスト

HTBニュースでは、あなたが撮影した事件、事故、自然現象などニュース映像をお待ちしています。あなたが現場にいて偶然撮影した動画や画像をぜひPCやスマートフォンから投稿してください。
※投稿された映像は必ず番組で採用されるものではありません。あらかじめご了承ください。

その他の応募方法はこちら

公式SNS

  • youtube
  • facebook
  • twitter

HTBニュースをシェアする

LINEで送る
ニュース投稿