取材活動についてのお礼とお詫び
北海道防災情報 各言語リンク(Hokkaido Disaster Prevention Information)

絶対に忘れ物をしないトイレ登場

2018/08/23(木) 19:14 掲載

 外出先でうっかりトイレの中に財布や携帯電話などを置き忘れてしまった…そんな経験はありませんか?実は、北海道のある場所に絶対忘れ物をしないトイレがあるんです。
 そのトイレは、札幌から車で、およそ1時間半。
 道央自動車道の有珠山サービスエリアにありました。
 忘れ物をさせない「秘密」は「トイレ」の「トレイ」!縦17センチ・横9センチとスマートフォンや財布など小物を置きやすい大きさ。
 縁には「滑り止め」もついていて1キロ程度の重さまで置くことができるそうです。
 「鍵自体が携帯電話や財布が置ける小物置きになっていて鍵の上に置くことができます実はこのトレイがトイレの鍵になっています。」
 つまり、トイレを出るときには自分が置いた小物を取らなければ鍵が開けられません!眼からウロコの画期的な仕組み!。
 利用者は「あっ…なるほど!便利ですね・絶対鍵開けますもんね」「これなら忘れないと思う」と語りました。ネクスコ東日本によりますと高速道路のパーキングエリアやサービスエリア内の忘れ物のうち6割以上が小物類でした。
 ネクスコ東日本は「忘れ物の対応するためにかなり時間を費やしていたのでなんとか忘れ物を防止する対策はないかと思っていた。この鍵を設置してから忘れ物の回収に、トレイ鍵設置前は270時間要していたが現在は108時間になって削減に効果がある。」と述べました。
 「忘れ物防止トレイ」がついた個室トイレは去年9月から道南方面の一部パーキングエリアやサービスエリアで試験的に運用されていますが今後は道央道のすべてで展開を考えているそうです。

LINEで送る

その他の道内ニュース

一覧の続きを表示
イチオシ!動画ポスト

HTBニュースでは、あなたが撮影した事件、事故、自然現象などニュース映像をお待ちしています。あなたが現場にいて偶然撮影した動画や画像をぜひPCやスマートフォンから投稿してください。
※投稿された映像は必ず番組で採用されるものではありません。あらかじめご了承ください。

その他の応募方法はこちら

公式SNS

  • youtube
  • facebook
  • twitter

HTBニュースをシェアする

LINEで送る
ニュース投稿