取材活動についてのお礼とお詫び
北海道防災情報 各言語リンク(Hokkaido Disaster Prevention Information)

むかわ町 復旧へのあゆみ 被害住宅の調査開始 

2018/09/14(金) 19:03 掲載

 今回の地震で、震度6強を観測したむかわ町で、復旧に向けた動きです。特産品の販売が再開されたほか、被害をうけた住宅の調査などが始まっています。
 むかわ町の老舗シシャモ販売店、カネダイ大野商店は12日から営業を再開しました。停電で冷凍していた一部のシシャモが解けましたが、スタッフ総出で運び出し、営業再開にこぎつけました。現在はインターネットでの注文も再開し、地震前のものも含め発送作業に追われています。穂別地区の博物館では、展示していたミンククジラの骨格標本が落下しバラバラになるなどの被害が出ました。むかわ町を一躍有名にした化石も、しっぽの骨の部分が一部地震の揺れで落ちてしまいました。博物館は今月いっぱい営業を見合わせるということです。一方、被害を受けた住宅などの調査も14日から始まりました。むかわ町では、倒壊や倒壊の危険がある建物などは42件に上っています。熊本や鳥取県の職員の応援を受け行われています。検査は、町民から提出された罹災申請書に基づき行われ今後、罹災証明の発行が順次行われていきます。

LINEで送る

その他の道内ニュース

一覧の続きを表示
イチオシ!動画ポスト

HTBニュースでは、あなたが撮影した事件、事故、自然現象などニュース映像をお待ちしています。あなたが現場にいて偶然撮影した動画や画像をぜひPCやスマートフォンから投稿してください。
※投稿された映像は必ず番組で採用されるものではありません。あらかじめご了承ください。

その他の応募方法はこちら

公式SNS

  • youtube
  • facebook
  • twitter

HTBニュースをシェアする

LINEで送る
ニュース投稿