now onair

NEXT

撤退 イトーヨーカドー 駅直結の利便性も“福住店”の利活用は「協議中」どうなる福住エリア…

北海道内の全ての店が閉店となる「イトーヨーカドー」。札幌の屯田店と琴似店は事業譲渡され、食品スーパー「ロピア」になるとみられます。いったい、どんな店なのでしょうか。


前田愛奈記者)
「イトーヨーカドー屯田店の駐車場はほぼ満車となっていて大変賑わっています。ただ、この店舗は8月ごろに閉店するということです。」


先週、経営改革の一環として、道内からの撤退を発表したイトーヨーカ堂。道内に6つある店舗は姿を消し、このうち屯田店と琴似店は神奈川県に本社を置くOICグループに事業が引き継がれ、このグループが運営する食品スーパー「ロピア」になるとみられています。

屯田店の利用客)
「ロピア、お母さん聞いたことある?」「分かりません。」

屯田店の利用客)
「それはスーパーですか?へ~知らないな…」


道内では、まだ耳馴染みのない「ロピア」。
名前の由来は「【ロ】ープライスのユート【ピア】」で、低価格の商品が売りのスーパーです。

神奈川県など関東エリアを中心に近畿や東北などに事業エリアを拡大。
売上高も右肩上がりで急成長を遂げています。


アキダイ秋葉弘道社長)
「今シーズンほどレンコンが安い年はない」


社長がテレビに頻繁に登場する、東京の「激安」スーパー「アキダイ」も去年ロピアの傘下に入りました。


屯田店の利用客)
「それはいいですよね、良いけれどヨーカドーの方が良かったな…」


屯田店の利用客)
「テレビで見ていてこの商品気になるなって思ったものが近くで手に入ると嬉しいかなと思います。」


富永誌衣那記者)
「新たに生まれ変わる店舗がある一方で、9月ごろに閉店する福住店はまだ引継ぎ先が決まっていません。」


地下鉄東豊線・福住駅とバスターミナルに直結したイトーヨーカドー福住店。
地下鉄が福住駅まで延伸した翌年の1995年に「エスパ福住店」としてオープンしました。オープン日には俳優の高倉健さんが駆け付け、開店前から2500人が並ぶ盛況ぶりでした。2001年には札幌ドームが開業し福住エリアの活気を後押し。ファイターズがプレーオフ進出を決めるとイトーヨーカドーではすぐさまセールが行われました。

しかし…そのファイターズも札幌ドームを去ったいま福住エリアの活気は失われつつあります。

福住店の利用者)
「ドームで何かそういうイベントがなかったらガラガラですよ。20数年通っていますからね。本当に困っています。泣きそうです。」


札幌市内のイトーヨーカドーのうち、唯一、閉店後の活用が決まっていない福住店。
イトーヨーカ堂を傘下におくセブン&アイ・ホールディングスは、福住店の事業承継について「協議中」だとしています。


【スタジオ】
道内のイトーヨーカドーは現在6店舗ありすべて閉店となります。

帯広店とアリオ札幌店はダイイチに。
屯田店と琴似店はOICグループに引き継がれロピアになる方向。
北見店と福住店は閉店後の活用は未定とのことです。

福住店は駅直結で利便性も高く、今後の動向に注目が集まります。

HTBニュースのおすすめ動画(冒頭に広告が流れます)

合わせて読みたい

その他のニュース

一覧の続きを表示
htb