北海道150年あなたと選ぶ重大ニュース
北の老舗

北ガス LNGガス火力発電所始動

2018/10/11(木) 18:24 掲載

 北ガスが石狩湾新港に建設したLNG=液化天然ガスの火力発電所。  きょうから始動です。
 「耳せんをしないといけないほどの音が響いています。比較的小さい発電機が複数並んでいるのが特徴です」及川記者が伝えます。
 きょうから運転を始めた北ガスの火力発電所はロシア・サハリンなどで採掘されたLNGを使い、出力7800キロワットの発電機を10台稼働させています。
 先月の大規模停電のときは試運転による電力を北電に供給したということです。
 北ガス石狩LNG基地池田雅彦所長は「大きな発電機1台を動かすよりも10台のほうが、1台がトラブルを起こしても他の発電機でカバーできる」と語り、あわせて北ガスはオール電化世帯向けの新料金プランも発表しました。一般的な世帯で年間およそ1万3000円安くなるとしています。
 北海道ガス前谷浩樹執行役員は「新電力としては珍しいと思うが、販売するすべての量を自社電源でまかなうことができる」と語りました。一方、北電も北ガスのLNG基地のそばで建設していた、最大出力57万キロワットの火力発電所が、きょうから試運転を開始したと発表しました。

LINEで送る

その他の道内ニュース

一覧の続きを表示
イチオシ!動画ポスト

HTBニュースでは、あなたが撮影した事件、事故、自然現象などニュース映像をお待ちしています。あなたが現場にいて偶然撮影した動画や画像をぜひPCやスマートフォンから投稿してください。
※投稿された映像は必ず番組で採用されるものではありません。あらかじめご了承ください。

その他の応募方法はこちら

公式SNS

  • youtube
  • facebook
  • twitter

HTBニュースをシェアする

LINEで送る
ニュース投稿