now onair

NEXT

“恋人の聖地” 旧国鉄・幸福駅 願い込めた数千枚の切符 全て取り外し奉納へ 建て替え10周年で 帯広

北海道帯広市の観光スポット・旧国鉄の「幸福駅」が、前回の建て替えから10年以上が経過し、駅舎に貼られた切符がすべて取り外されました。

駅の天井一面に貼られた「幸福ゆき」の切符。幸福駅では、売店で買った切符に願い事を書いて駅舎に貼ることが定番となっています。1987年まで使われ、旧国鉄広尾線の廃止後も「恋人の聖地」として人気の幸福駅ですが、前回の駅舎の建て替えから10周年を迎えたことを機に27日、貼られた切符が全て取り外されました。

幸福観光再開発協議会・川原英博会長:「10年前に戻って、新品になったような気分」。
帯広市観光交流課・阿部恭子課長:「皆さんに愛される施設として、また来ていただけるとうれしい」。

外された数千枚の切符は、「幸福(529)」の語呂に合わせて29日、近くの神社に奉納されるということです。

HTBニュースのおすすめ動画(冒頭に広告が流れます)

合わせて読みたい

HTB天気予報士
テレメンタリー2024 知床沖観光船事故 2年後の影響 全国アンケート調査
HTB天気予報士
奇跡の子
イチオシ!動画ポスト
NEWS onチャンネル
HTB NEWS LINE公式アカウント
みんなで防災!HTBポータルサイト

その他のニュース

一覧の続きを表示
htb