now onair

NEXT

医療機器の操作ミスで患者死亡 遺族に謝罪し警察に届け出 岩見沢市立総合病院

今年1月、岩見沢市立総合病院でスタッフが医療機器の操作を誤り、入院中の患者が死亡していたことが分かりました。

岩見沢市立総合病院は27日、今年1月に病院のスタッフが医療機器の操作を誤り、入院中の患者1人が死亡していたと発表しました。病院によりますと、この患者が死亡した数日後に、医療機器を操作したスタッフが機器の取り扱いを誤ったことが死亡の原因かもしれないと気付き、申告したということです。

病院はその後、死因は機器の操作ミスと認め遺族に対して謝罪するとともに、警察への届け出や第三者機関への報告をしました。また、外部の専門家を含む病院内の調査委員会を立ち上げ、再発防止策を取りまとめたということです。

病院は「このような事態が発生いたしましたことを、深くお詫び申し上げます」とコメントしています。

HTBニュースのおすすめ動画(冒頭に広告が流れます)

合わせて読みたい

HTB天気予報士
テレメンタリー2024 知床沖観光船事故 2年後の影響 全国アンケート調査
HTB天気予報士
奇跡の子
イチオシ!動画ポスト
NEWS onチャンネル
HTB NEWS LINE公式アカウント
みんなで防災!HTBポータルサイト

その他のニュース

一覧の続きを表示
htb