now onair

NEXT

札幌の女性が約1億円の被害 SNS悪用した投資詐欺被害が急増中 注意すべきポイントは?

北海道内でSNSを悪用した「投資詐欺」の被害が相次いでいます。詐欺対策に関する調査・研究を進める会社に注意すべきポイントを聞きました。

札幌市西区に住む40代の女性はことし3月、フェイスブックで著名な投資家の名をかたる広告を見つけてクリックしました。そして投資に関するLINEグループに招待され暗号資産の投資を勧められました。信じた女性はおよそ1億円を振り込んでしまいました。

このようなSNS型投資詐欺がいままさに増加しています。警察によりますと去年1年に道内でおきた被害件数が6件でその被害額がおよそ2600万円だったのに対して今年は4月までにすでに33件、被害額はおよそ6580万円と急増しています。

迷惑電話をブロックするセキュリティーサービスなどを提供する「トビラシステムズ」によりますと、SNS型投資詐欺以外にクレジットカードなどの情報を奪うフィッシング詐欺にも注意が必要だといいます。

トビラシステムズ広報・岩渕るみさん)
「最近ですとフィッシング詐欺を行うSMSということでスミッシングというものも非常に増えていて、そういったものはかなり巧妙化していて見抜くのは非常に難しい、ほぼ無理だと私たちでも考えている」。

トビラシステムズではウェブブラウザの広告をブロックする「280Blocker」や迷惑電話や詐欺電話を防ぐ「トビラフォン」といった有料のサービスを提供しています。「トビラフォン」ではサービス全体で月間230万件の迷惑電話をブロックしているそうです。増加するこうした詐欺の被害を防ぐためにはまず、安易にクリックしないことだといいます。

トビラシステムズ広報・岩渕るみさん)
「1番の対策としては、とりあえずURLは触らない。届いたショートメッセージのURLを触らないということが非常に重要な対策になります。社会問題化している詐欺としましてSNS型投資詐欺(著名人を騙った)偽の広告というものも非常に増えていますので、そういったものを見かけても安易に飛びついたり、インターネット上で知り合った人から投資の勧誘をされてもお金を振り込んだりですとか、投資をしない、そういったことが非常に重要だと思います」。

HTBニュースのおすすめ動画(冒頭に広告が流れます)

合わせて読みたい

HTB天気予報士
テレメンタリー2024 知床沖観光船事故 2年後の影響 全国アンケート調査
HTB天気予報士
奇跡の子
イチオシ!動画ポスト
NEWS onチャンネル
HTB NEWS LINE公式アカウント
みんなで防災!HTBポータルサイト

その他のニュース

一覧の続きを表示
htb