now onair

NEXT

「手前でガタガタと異音が…」小樽市の国道でワンボックスカーの左後ろのタイヤが走行中に脱落 けがなし

北海道・小樽市の国道で40代の男性が運転するワンボックスカーの左後ろのタイヤが走行中に脱落する事故があり、警察は注意を呼びかけています。

28日午後2時ごろ、小樽市潮見台3丁目の国道393号で、直線道路を走っていたワンボックスカーの左側の後ろのタイヤが脱落する事故がありました。当時この車には6人が乗っていましたがけが人はいません。
男性はタイヤが外れる300m手前で「ガタガタと異音がした」と話しているということで、近くからタイヤのホイールを固定するナット3個が見つかっています。
警察は、車を運転する際には定期的にナットの緩みがないかを確認し、運転しているときに違和感を感じたときはすぐに運転をやめて車両点検を行うよう呼びかけています。

HTBニュースのおすすめ動画(冒頭に広告が流れます)

合わせて読みたい

HTB天気予報士
テレメンタリー2024 知床沖観光船事故 2年後の影響 全国アンケート調査
HTB天気予報士
奇跡の子
イチオシ!動画ポスト
NEWS onチャンネル
HTB NEWS LINE公式アカウント
みんなで防災!HTBポータルサイト

その他のニュース

一覧の続きを表示
htb