now onair

NEXT

死後1年前後経過か 住宅に母親とみられる女性の遺体を放置 遺体遺棄の疑いで53歳女を逮捕送検 千歳市

北海道・千歳市の住宅に女性の遺体を放置したとして女が逮捕された事件で、遺体は死後1年前後が経過しているとみられることが新たにわかりました。

千歳市の瀬戸理恵容疑者(53)は市内の住宅に女性の遺体を遺棄した疑いで29日、身柄を検察庁に送られました。この住宅には瀬戸容疑者の70代の母親が住んでいて、遺体は母親とみられています。
その後の司法解剖の結果、遺体は死後1年前後が経過しているとみられることが新たにわかりました。目立った外傷や骨折の痕跡はなかったということです。
警察は、遺体の身元の特定を進めるとともに、遺棄したいきさつなどについても調べを進めています。

HTBニュースのおすすめ動画(冒頭に広告が流れます)

合わせて読みたい

HTB天気予報士
テレメンタリー2024 知床沖観光船事故 2年後の影響 全国アンケート調査
HTB天気予報士
奇跡の子
イチオシ!動画ポスト
NEWS onチャンネル
HTB NEWS LINE公式アカウント
みんなで防災!HTBポータルサイト

その他のニュース

一覧の続きを表示
htb