now onair

NEXT

教員2人に“パワハラ”や“アカハラ” 50代の医学部教授を停職3か月の懲戒処分 札幌医科大学

札幌医科大学の医学部教授が教員に対しパワーハラスメントなどを行ったとして、大学から停職処分を受けました。

処分を受けたのは札幌医科大学の50代の医学部教授です。
大学によりますと教授は昨年度、医学部の教員2人に対してパワーハラスメントを行い、うち1人には不適切な指導や不公平な評価をするアカデミックハラスメントも行っていたということです。
大学はこの教授を29日付で停職3か月の懲戒処分としました。
札幌医科大学は「所属職員に対し服務規律の順守を一層徹底していく」とコメントしています。

HTBニュースのおすすめ動画(冒頭に広告が流れます)

合わせて読みたい

HTB天気予報士
テレメンタリー2024 知床沖観光船事故 2年後の影響 全国アンケート調査
HTB天気予報士
奇跡の子
イチオシ!動画ポスト
NEWS onチャンネル
HTB NEWS LINE公式アカウント
みんなで防災!HTBポータルサイト

その他のニュース

一覧の続きを表示
htb