HTB開局50周年 イチオシ!スペシャル へえ!ほお~!150年 あなたと選ぶ重大ニュース 第2弾 ~平岸から創成へお引越しスペシャル~
北海道150年あなたと選ぶ重大ニュース

北電 泊3号機で10年近く保安規定逸脱

2018/12/07(金) 18:22 掲載

 泊原発の非常用ディーゼル発電機の配線が10年近く接続不良の状態だった問題で、北電は国が認可する保安規定を逸脱していたとして原子力規制委に報告しました。
 この問題は北電の泊原発3号機で、2系統ある非常用ディーゼル発電機のうち1台の配線が9年9カ月の間、接続不良の状態だったことが発覚したものです。
 制御盤の中の端子1本が適切に固定されていなかったことが原因で、国が認可した保安規定では原発の稼働時に発電機2台が常に動ける状態であることが求められています。
 北電は泊原発が運転を停止した2012年5月までの3年あまりの間、保安規定に逸脱していたとして、きょう原子力規制委に報告しました。

LINEで送る
イチオシ!動画ポスト

HTBニュースでは、あなたが撮影した事件、事故、自然現象などニュース映像をお待ちしています。あなたが現場にいて偶然撮影した動画や画像をぜひPCやスマートフォンから投稿してください。
※投稿された映像は必ず番組で採用されるものではありません。あらかじめご了承ください。

その他の応募方法はこちら

公式SNS

  • youtube
  • facebook
  • twitter

HTBニュースをシェアする

LINEで送る
ニュース投稿