北海道150年あなたと選ぶ重大ニュース

地震で校舎使えず 新たな校舎はどうなる?

2019/01/10(木) 20:03 掲載

 新しい学校はどうなるのでしょうか。地震で被災した安平町の早来中学校について小中一貫の義務教育学校を作る案が示されました。
 安平町では早来地区の小中学生の保護者らを対象に早来中学校の校舎再建に関する説明会が行われました。早来中学校は地震で校舎が使えなくなり、生徒たちは3学期から仮設の校舎で授業を受けていて、早来小学校も老朽化が進んでいます。このため、説明会では早来小学校と早来中学校を1つにした新たな校舎を作る案が示されました。教育委員会では今後保護者や町民の意見を聞き、2年後の夏の完成を目指しています。保護者は「すごく魅力的な学校になって他からも来たいなという子がいっぱい来るのはそれは良いこと」「町民の中で新しい学校に向けての話し合いをして意見吸い上げながらやっていきたいというところはよい」などと話しています。

LINEで送る

その他の道内ニュース

一覧の続きを表示
イチオシ!動画ポスト

HTBニュースでは、あなたが撮影した事件、事故、自然現象などニュース映像をお待ちしています。あなたが現場にいて偶然撮影した動画や画像をぜひPCやスマートフォンから投稿してください。
※投稿された映像は必ず番組で採用されるものではありません。あらかじめご了承ください。

その他の応募方法はこちら

公式SNS

  • youtube
  • facebook
  • twitter

HTBニュースをシェアする

LINEで送る
ニュース投稿