北海道150年あなたと選ぶ重大ニュース

警察官が”裸の付き合い” なんで一肌脱いだ? 

2019/01/10(木) 20:52 掲載

 特殊詐欺の撲滅を目指して、警察官がちょっと変わった場所で、市民に注意を呼びかけました。
 記者リポート「今日も北海道は寒いです。こちらではなにやらホットな語り合いがおこなわれています」札幌市北区の銭湯、「渥美湯」。集まったのは町内のおよそ20人の人たちと札幌北警察署の警察官だ。今回の目的は、詐欺防止。犯人の巧妙な手口を寸劇などを通して市民に伝えた。そして・・なんと警察官も湯の中へ。常連客と一緒に裸同士で詐欺にひっかからないよう語り合った。「被害に遭った人も可哀そう。もう他人事じゃないなと思う」「訴訟を起こすとか起こさないとかはやっぱり一瞬ドキッとするわ」「前の1600万円の被害のやつも20回も30回も払っちゃうんですよね」などと会話がはずみます。銭湯で詐欺を防ぐこの活動は常連客にも高評価だ。「やっぱり違うと思う。裸だとお互いに思っていることがあけっぴろげになるし気取ってる形でもないしいいんじゃない?」最後に、記者も…。詐欺を防ぐための心得を聞いた。「(詐欺を防止するポイントはなんですか?)怪しいと思った時に家族や近所に相談いただきたいと思います」「もっともっと地域の方と直接お話できるような機会を設けて実際の手口を教えることで予防したい」「今度また一緒に入りましょう。 よろしくお願いします」実はこの警察官の方はあまり長く湯につかるのが苦手で、顔が真っ赤になっていたそうです。それでも、地域の人たちのために一肌脱いでくれました。

LINEで送る

その他の道内ニュース

一覧の続きを表示
イチオシ!動画ポスト

HTBニュースでは、あなたが撮影した事件、事故、自然現象などニュース映像をお待ちしています。あなたが現場にいて偶然撮影した動画や画像をぜひPCやスマートフォンから投稿してください。
※投稿された映像は必ず番組で採用されるものではありません。あらかじめご了承ください。

その他の応募方法はこちら

公式SNS

  • youtube
  • facebook
  • twitter

HTBニュースをシェアする

LINEで送る
ニュース投稿