HTB開局50周年 イチオシ!スペシャル へえ!ほお~!150年 あなたと選ぶ重大ニュース 第2弾 ~平岸から創成へお引越しスペシャル~
北海道150年あなたと選ぶ重大ニュース

さっぽろ雪まつりに最先端の技術集まる

2019/02/11(月) 19:06 掲載

 雪まつりは11日が最終日です。3連休の終わりに会場は多くの家族連れらでにぎわいました。
 札幌の11日の最高気温はマイナス2.5度と厳しい寒さが続きましたが、大通会場は多くの市民と観光客で賑わいました。観光客は「(最終日だと)知っててきました。」「ライトアップがきれいだというのと、ジンギスカンと飲むこと。」今年は、各会場で最先端の技術が使われていました。2丁目会場では、スマホアプリを使って楽しめる雪ミクの雪像が登場。アプリを起動して画面を雪像に合わせると、キャラクターが雪像から飛び出して、臨場感のあるライブを披露してくれます。「お、飛んだ!」雪ミクが縦横無尽に会場を飛ぶ姿に体験した記者も夢中になっていました。8丁目会場のNTTドコモのブースでも最新技術が紹介されていました。超高速通信システム5Gを活用した「360度8K3DVRライブ映像」の配信です。ちょっと名前は難しいんですが、ブースの中にいても雪像前に立っているかのようなVR映像が360度、高画質で楽しめます。今のスマホの通信速度より100倍以上早いとされる「5G」を使った最先端の伝送技術が使われていてVR映像は8丁目のブースのほか、東京のイベント会場にも同時に配信されていました。また春節と重なったことしは外国人の観光客も多く来場。観光案内所では、通信会社ケイ・オプティコムなどが開発した、「クラウド通訳」のシステムが初めて導入されました。端末で言語を選択すると、国内外で待機している通訳担当者にテレビ電話がつながるものです。
 フィナーレを迎える平成最後の雪まつり。大通り会場とすすきの会場は11日午後10時までライトアップされます。

LINEで送る

その他の道内ニュース

一覧の続きを表示
イチオシ!動画ポスト

HTBニュースでは、あなたが撮影した事件、事故、自然現象などニュース映像をお待ちしています。あなたが現場にいて偶然撮影した動画や画像をぜひPCやスマートフォンから投稿してください。
※投稿された映像は必ず番組で採用されるものではありません。あらかじめご了承ください。

その他の応募方法はこちら

公式SNS

  • youtube
  • facebook
  • twitter

HTBニュースをシェアする

LINEで送る
ニュース投稿