HTB開局50周年 イチオシ!スペシャル へえ!ほお~!150年 あなたと選ぶ重大ニュース 第2弾 ~平岸から創成へお引越しスペシャル~
北海道150年あなたと選ぶ重大ニュース

プログラミング授業必修化で・・・

2019/02/11(月) 19:09 掲載

 ドラッグストア大手の「サツドラ」が全道150カ所に子ども向けのプログラミング教室を開校します。その狙いとは?
 真剣な表情でパソコンに向かう子どもたち。先生「これを作ってもらいます。ダイヤモンドブリッジ。」札幌で開かれたプログラミング教室の無料体験会。小学1年生から5年生までの20人が参加しました。コンピューターにブロックの形とブロックを置く位置を入力し、思い思いの橋を作っていきます。
 参加した5年生は「ブリッジが細すぎたからいま太くしてる」「楽しいけど、難しくてごちゃごちゃ気持ちは」「おお~できた」4年生は「いま置いたのがこのチューリップ」教室を開いたのはドラッグストアなどを手がけるサツドラホールディングスの子会社です。再来年度から小学校でプログラミングの授業が必修化されます。これを受けサツドラは4月に札幌市内で子ども向けのプログラミング教室を開校し3年後には全道150カ所で展開することを決めました。
 サツドラホールディングスシーラクンス藤澤義博さん「問題発見能力課題解決能力、思考力デザイン力、コミュニケーション力そういった様々な力がつく教材のひとつとされていますデジタル化がどんどん進んでいく中で将来こういった知識を身に着けた人材の育成というのが重要になってくると思っています」保護者は「僕らの世代では考えられない。でもいまの世代の子はこういうのができて当たり前になるんだろうと」「他の教科は教えてあげられるけどプログラミングはわからないのでこういうところに来ないと難しいのかな。子どもから教わるかもしれないですね」と話しました。

LINEで送る

その他の道内ニュース

一覧の続きを表示
イチオシ!動画ポスト

HTBニュースでは、あなたが撮影した事件、事故、自然現象などニュース映像をお待ちしています。あなたが現場にいて偶然撮影した動画や画像をぜひPCやスマートフォンから投稿してください。
※投稿された映像は必ず番組で採用されるものではありません。あらかじめご了承ください。

その他の応募方法はこちら

公式SNS

  • youtube
  • facebook
  • twitter

HTBニュースをシェアする

LINEで送る
ニュース投稿