2019 統一地方選挙
HTB開局50周年 イチオシ!スペシャル へえ!ほお~!150年 あなたと選ぶ重大ニュース 第2弾 ~平岸から創成へお引越しスペシャル~

怒号…札幌市議会で議員が9時間以上議長席に居座り

2019/05/13(月) 23:33 掲載

 議長の選出方法を巡って、空転が続いていた札幌市議会は、13日夜10時過ぎになってようやく正式な議長の選挙が行われました。
 午後1時に始まった札幌市議会では、議長を選ぶため臨時議長に就いた最年長の松浦忠議員(79)が、議長の選出方法を巡って他の議員と対立し、9時間以上も議長席に居座りました。飯島弘之議員が「各派交渉会の決定に基づき臨時議長の職を解きます」と松浦議員に伝えましたが「私はどかない。着席してください」と応戦し「いい加減にしなさい!」と怒号が飛び交う事態となりました。本会議は午後10時すぎに再開し、松浦議員には臨時議長の解任が告げられましたが、松浦議員は席から離れませんでした。このため急遽、別の議長席が設けられ、2番目に年長の議員が臨時議長に就いて、正式な議長を選んだところで松浦議員は議長席から離れました。

LINEで送る

その他の道内ニュース

一覧の続きを表示
イチオシ!動画ポスト

HTBニュースでは、あなたが撮影した事件、事故、自然現象などニュース映像をお待ちしています。あなたが現場にいて偶然撮影した動画や画像をぜひPCやスマートフォンから投稿してください。
※投稿された映像は必ず番組で採用されるものではありません。あらかじめご了承ください。

その他の応募方法はこちら

公式SNS

  • youtube
  • facebook
  • twitter

HTBニュースをシェアする

LINEで送る
ニュース投稿