2019 統一地方選挙
HTB開局50周年 イチオシ!スペシャル へえ!ほお~!150年 あなたと選ぶ重大ニュース 第2弾 ~平岸から創成へお引越しスペシャル~

新幹線「320km」国に要請 新函館北斗-札幌

2019/05/15(水) 18:47 掲載

 JR北海道は建設中の北海道新幹線新函館北斗-札幌間を現在の計画よりも早い時速320キロで走行可能とするよう国交省に要請したことを明らかにしました。
 JR北海道の島田修社長「時速320kmで走行を可能とするための工事を当社の負担により実施することについて、(国交省に)要請を行わせていただきました」
 国土交通省所管の鉄道・運輸機構が建設を進める北海道新幹線の新函館北斗-札幌間は現在、最高時速260キロで計画されています。島田社長は、これまで最高時速を320キロへ引き上げることで東京と札幌の間を4時間半で結びたいとしていて、高速化にかかるおよそ120億円の費用をJR北海道が負担する意向を新たに示しました。
 費用負担について島田社長は「無利子融資によって背負ったとしても、開業後十分返していけると判断をした」と述べました。

LINEで送る

その他の道内ニュース

一覧の続きを表示
イチオシ!動画ポスト

HTBニュースでは、あなたが撮影した事件、事故、自然現象などニュース映像をお待ちしています。あなたが現場にいて偶然撮影した動画や画像をぜひPCやスマートフォンから投稿してください。
※投稿された映像は必ず番組で採用されるものではありません。あらかじめご了承ください。

その他の応募方法はこちら

公式SNS

  • youtube
  • facebook
  • twitter

HTBニュースをシェアする

LINEで送る
ニュース投稿