2019 統一地方選挙
HTB開局50周年 イチオシ!スペシャル へえ!ほお~!150年 あなたと選ぶ重大ニュース 第2弾 ~平岸から創成へお引越しスペシャル~

根室 通年での公海サンマ漁 漁船が出港 

2019/05/16(木) 17:58 掲載

 今年から1年を通して認められることになった公海でのサンマ漁。16日、漁船が根室港から出港しました。
 公海でのサンマ漁は2016年に禁止となったロシア200カイリ内のサケマス流し網漁の代わりに行われていて、今年から1年を通しての操業が認められました。
 16日朝、根室の花咲港からサンマ漁船5隻が北太平洋の公海に向けて出港しました。
 キノネ水産・木根繁社長「行ってみないとすべてが分からない。初めてだから。サケマス(流し網漁)なんとか復活してもらいたい。どんな方法でも。それがかなわない中では、サンマだけが頼りだから」
 公海で獲ったサンマは洋上でロシアの船に売るほか、一部は国内で水揚げしておもに加工用として流通するということです。
 サンマの水揚げ量は年々減っていて、ここ数年はピークの2008年に比べ半分以下で推移しています。こうした不漁を背景に、これまではおもに8月から行われてきた公海でのサンマ漁が、今年から1年を通して認められるようになったわけです。この時期のサンマは小ぶりで脂の少ないものが多く、国内で水揚げされるサンマの多くは缶詰などに加工される見込みだということですが、大きさによっては早ければ今月中にもスーパーに並ぶ可能性もあります。今後はサンマが初夏に出回る魚として定着するかもしれません。

LINEで送る

その他の道内ニュース

一覧の続きを表示
イチオシ!動画ポスト

HTBニュースでは、あなたが撮影した事件、事故、自然現象などニュース映像をお待ちしています。あなたが現場にいて偶然撮影した動画や画像をぜひPCやスマートフォンから投稿してください。
※投稿された映像は必ず番組で採用されるものではありません。あらかじめご了承ください。

その他の応募方法はこちら

公式SNS

  • youtube
  • facebook
  • twitter

HTBニュースをシェアする

LINEで送る
ニュース投稿