北海道150年あなたと選ぶ重大ニュース

道内大荒れ 11日午前まで猛ふぶきや強風に警戒を

2018/01/10(水) 11:45 掲載

 道内は発達した低気圧の影響で、日本海側を中心に大荒れとなっています。あす午前にかけて大雪などによる交通障害に警戒が必要です。
 オホーツク海にある発達した低気圧の影響で、道内は強い冬型の気圧配置となっています。このため、広い範囲で風が非常に強く日本海側を中心に猛吹雪が続いています。記者:「海は非常に荒れていて波が道路まで押し寄せてきています。波で道路のアスファルトがえぐられてしまっています」最大瞬間風速は、えりも岬で39.2メートル、留萌で29メートルを記録するなど非常に強い風が吹きました。11日午前にかけて、石狩北部や上川中部など多い所で、さらに50センチの大雪が降る見込みで警戒が必要です。この雪でJRでは特急22本を含む149本が運休となるなど、交通への影響も出ています。

LINEで送る
イチオシ!動画ポスト

HTBニュースでは、あなたが撮影した事件、事故、自然現象などニュース映像をお待ちしています。あなたが現場にいて偶然撮影した動画や画像をぜひPCやスマートフォンから投稿してください。
※投稿された映像は必ず番組で採用されるものではありません。あらかじめご了承ください。

その他の応募方法はこちら

公式SNS

  • youtube
  • facebook
  • twitter

HTBニュースをシェアする

LINEで送る
ニュース投稿