2019 統一地方選挙
HTB開局50周年 イチオシ!スペシャル へえ!ほお~!150年 あなたと選ぶ重大ニュース 第2弾 ~平岸から創成へお引越しスペシャル~

江別市に出没のクマ カメラがその姿を捉えた

2019/06/20(木) 20:12 掲載

 江別市の野幌森林公園の周辺でクマが相次いで出没している問題で、酪農学園大学が設置したカメラが歩くクマの姿を初めて捉えました。
 カメラの前を行き来するクマ。江別市の野幌森林公園に隣接する酪農学園大学の敷地内で撮影された映像です。クマの姿は11日の午後5時に撮影されたもので体高は80センチほど、2歳から3歳の若いクマと見られています。周辺では10日の夜と11日の夕方クマが目撃されています。酪農学園大学の佐藤喜和教授は「オスの可能性が高い。親離れしたばかりのクマが自分の暮らす競争相手のいない生息地を求めて行動していると思う。」と指摘しました。近くの小中学校では21日も見守り登校が行われ警戒を続けるということです。

LINEで送る

その他の道内ニュース

一覧の続きを表示
イチオシ!動画ポスト

HTBニュースでは、あなたが撮影した事件、事故、自然現象などニュース映像をお待ちしています。あなたが現場にいて偶然撮影した動画や画像をぜひPCやスマートフォンから投稿してください。
※投稿された映像は必ず番組で採用されるものではありません。あらかじめご了承ください。

その他の応募方法はこちら

公式SNS

  • youtube
  • facebook
  • twitter

HTBニュースをシェアする

LINEで送る
ニュース投稿