北海道150年あなたと選ぶ重大ニュース

函館の融雪剤散布車事故 はねられた男性が死亡

2018/01/13(土) 17:11 掲載

 13日朝、函館市の国道で、融雪剤を散布していた車がスリップし、新聞配達中の男性をはねました。男性は病院に運ばれましたが、まもなく死亡しました。
 午前6時ごろ、函館市汐首町の国道278号で、融雪剤を散布していた車がスリップし、対向車線に止まっていた軽乗用車と衝突した上、軽乗用車から降りて近くにいた森利男さん(86)をはねました。森さんは頭を強く打ち、まもなく死亡しました。また軽乗用車の助手席に乗っていた森さんの妻・恵美子さん(83)が顔の骨を折るなどの大けがをしました。近くに住む人は「道路をこするような音がして止まった。音はかなり大きかった」と話していました。2人は新聞配達の途中でした。現場は片側1車線の緩いカーブで、事故当時、路面は凍結した状態でした。

LINEで送る

その他の道内ニュース

一覧の続きを表示
イチオシ!動画ポスト

HTBニュースでは、あなたが撮影した事件、事故、自然現象などニュース映像をお待ちしています。あなたが現場にいて偶然撮影した動画や画像をぜひPCやスマートフォンから投稿してください。
※投稿された映像は必ず番組で採用されるものではありません。あらかじめご了承ください。

その他の応募方法はこちら

公式SNS

  • youtube
  • facebook
  • twitter

HTBニュースをシェアする

LINEで送る
ニュース投稿